Study Tour in Colorado 2014②Day 2

皆様こんにちは
店長のんたんです

先日旅Blog・シカゴ編が完結し、ホッとしたのもつかの間
前回からは旅Blog・コロラド編に突入しております!!

シカゴは完全プライベートでしたが、コロラドは会社の研修旅行
Blogで研修内容をお伝えするのも、もちろん仕事のうちですので、今回はテンポよく更新していく予定です

今回も1日ごとに振り返っていこうかと思います
お時間のある時にでも一緒に旅してください!!

それでは、コロラド研修旅行編、2日目のスタートです

‐‐

この日は運転を替わっていただき、助手席当番
大きい車の助手席は、もっとも快適です(笑)

どでかい今回の相棒は一見不安ですが、アメリカの道路は広くて本当に運転しやすいです

この日は快晴!!
目の前を遮るような高い建物がないので、ロッキー山脈がきれいに見えます

滞在先のデンバーは、コロラド州のほぼ真ん中(ちょっと北)
少し足を延ばせば国立森林公園があちこちにあるような自然豊かな場所です

2014-10-02 10.03.382014-10-02 10.04.45

そんな最高な気分でのドライブをすること約1時間
ロングモントという街に到着

この日最初に訪れたのは、こちら!!

2014-10-02 10.18.292014-10-02 10.19.04

LEFTHAND Brewing

2014-10-02 10.19.112014-10-02 10.19.23

前日のEpic同様、既に日本に入ってきているブルワリーなので、ご存知の方も多いはず!

創業当時からの輝かしい受賞歴もさることながら、
窒素入りボトルビールの発売や、スタウトグラスの開発など、ビールの醸造以外でも注目を集めています

到着して早々、そびえたつタンクに目を奪われ、想像以上に大きくてびっくりしました!
入り口でIDチェック
OKサインの代わりに手にスタンプを押してもらいました
(どうせならレフトハンドに押してもらえば良かった…)

2014-10-02 10.20.21

さすがのGABF期間中ということもあってか、早い時間にも関わらず店内ぎゅうぎゅう!!
我々のようにブルワリーツアーの順番を待つ人たちでごった返しています

2014-10-02 10.20.51

そんなツアーの前に、好きなビールがフリーで飲めるとのことだったのでビールをGET!
どこへ行っても「飲みながら」というのがアメリカのスタイル
日本じゃ工場見学が飲酒可だなんて考えられないかも(笑)

2014-10-02 10.24.452014-10-02 10.21.04

とにかくパブの中にはアートがたくさん!!
王冠で造られた20周年記念work!!

2014-10-02 10.26.022014-10-02 10.26.44

世界地図の貼られた掲示板とかも温かみがあって素敵!

2014-10-02 10.26.58

天井も、ライトカバーが樽を手形にくり抜かれたものを使っていたり…
まさしくLEFTHANDの椅子があったり…!!

2014-10-02 10.27.062014-10-02 10.55.58

遊び心がいっぱいで、ついキョロキョロしてしまいます

さて、早速ツアー開始!!
この日の案内役は、営業部長さん(お名前失念…失礼します…)
アテンドはもちろん、AQベボリューション・アルバート氏

2014-10-02 10.27.25

このブルワリー、元は屠殺場兼精肉工場だったそう
ほぼそのまま使用しているそうなのですが、水はけの良い床、ある程度密閉される部屋、大きな冷蔵庫…!!などなど、ブルワリーにとっても好条件の物件
立ち上げるときにこんな完璧な場所はない!と思ったそうです

2014-10-02 10.29.34

現在は、イーストタンクとミル庫
小さな発酵タンクだけが鎮座しています

2014-10-02 10.30.002014-10-02 10.32.16

2014-10-02 10.32.10

カラフルな段ボールの壁を横目に、隣の建物へ

2014-10-02 10.32.562014-10-02 10.33.38

出荷待ちの樽やボトルが山積みになっていました

2014-10-02 10.35.21

ブルワリーが大きくなるにつれて、建屋を増設
現在マッシュタンとファーメンターはこの新しい方の建物にあります

なんと24時間体制で稼働しているというブルワリー!!

2014-10-02 10.36.14

3交代制で仕込みやメンテナンスを行っています
凄いですねー

 

建屋の外階段を上って、タンクと同じ目線に!
タンクの上に付いているタンポポの綿毛のようなものは鳥よけかと思いきや、「避雷針」

確かに、周りに高い建物はないし必要なものですよね

2014-10-02 10.37.58

建屋の中に入るとそこはフィリング工場
Milk Stoutの瓶詰の真っ最中でした

2014-10-02 10.45.472014-10-02 10.46.37

フィリング工場って、見てるだけでも飽きないですよね

そのフィリング工場と通路を挟んで反対側に、発酵タンク達が鎮座しています

2014-10-02 10.47.35

まだまだ大きくなることも視野に入れ、生産量も増やしていくそう
これからも益々目が離せませんね!

「まぁ、周りに敷地がいっぱい余ってるからね、大きくするのは簡単だよ」と笑っておられました(笑)
日本でもたくさん飲んで(売って)貢献します、とお伝えしてきました

2014-10-02 10.54.292014-10-02 10.54.47

パブに戻ると何やらみんなでワイワイと
振り子の要領で、ぶら下がったリングをひっかけるという遊びをしていました

2014-10-02 10.55.49

見事アルバートが成功!!
飲みながら楽しむには、単純で面白いかも!!

 

一通り見学を終えて、もう一杯
LEFTHANDと言えば、やはり「Milk Stout」!!

2014-10-02 10.58.582014-10-02 10.59.17

nitroで頂きましたが、やはり美味しい!!
このタップハンドルも可愛いし、今度またWHでも開栓したいなぁ…
(輸入希望プッシュしてみよう)

2014-10-02 11.14.35

お土産を買いあさっていると、
「ねぇねぇ、お手洗いがとっても素敵だよ!」
と、言われたので、早速立ち寄ってみました

見てみてビックリ、
お手洗いの個室扉がガラス張りになっており、モルトが敷き詰めてあります

2014-10-02 11.28.412014-10-02 11.27.46

ビールはもちろん美味しくて素敵ですが、
隅々まで仕掛けがあったりアートがあったり、居るだけで楽しいブルワリーでした

2014-10-02 11.28.58

WHでも、こういうの何か作りたいなぁ
誰か作ってくれないかなぁ
(って言いながら、自分で作っちゃいそうだなぁ…(笑))

 

ブルワリーを後にし一行は次の場所へ
調度お昼時ということで、新しく出来たばかりのビアパブに行くことになりました

2014-10-02 11.59.542014-10-02 12.00.47

CYCLHOPS Bike CAN-tina

2014-10-02 12.00.552014-10-02 12.01.06

OSKAR BLUES Brewingの手掛ける、その名の通りの自転車レストラン?!

パブはもちろんなのですが、サイクルショップも併設しており、自転車に関する商品の販売やリペアなども行っています
メンテナンスや買い物ついでにふらりとカウンターでビールを楽しむ人たちの姿も見られます

店内にはこれ見よがしに自転車が飾ってあります
めちゃくちゃカッコイイ!!!!

2014-10-02 12.01.142014-10-02 12.01.29

Cycle × Hop =CYCLHOPS

この「サイクロプス」は、元はギリシャ神話の一つ目の巨人・Cyclopsのことなのですが、
ロゴマークはまさにサイクロプスをイメージした、ホップに一つ目!!
良く見ると、目は自転車のホイール!!

2014-10-02 12.02.51

フードはMexicanが主体のお店
Mexican Foodが大好物な私
日本にはまだまだ食べられるところが少ないので、これは嬉しい!!
(大半がアメリカ向けにアレンジされた、Tex-Mexが多いのでね)

ビール×自転車というキーワードにももちろん惹かれたのですが、Mexicanが食べられるとあって強く希望を出したので、来ることが出来て感激もひとしお

2014-10-02 12.04.262014-10-02 12.04.35

ビールを頼んで、フードを待つことしばし…

2014-10-02 12.21.25

まずはTorta!!
Tacoとも迷ったのですが、日本でちゃんとしたTorta食べられるところを知らないので…
具が選べて3ピースで8ドルならば、ボリューミーでお腹いっぱいになれそう!!

2014-10-02 12.51.55

メキシコパン(コーンブレッドのようなもの)と具を、バーガーのように挟んで食べます

その他にもビーフステーキ・モーレネグロとか、バサとエビのベラクルス風とか…
久しぶりに堪能しました

2014-10-02 12.51.58

ちょっと酸味があって、スパイシー過ぎず、野菜もたっぷりで満足!!
やっぱり暑い国のご飯は大好きです

2014-10-02 12.52.01

そして、またしてもお手洗いが面白くて、つい写真を…
Brewery Vivantに行った時も、手洗いに受け皿がなくて傾斜がついてただけだったんだけど流行りなのかな?
掃除はしやすそうですけどね

2014-10-02 12.34.06

お腹いっぱいで外に出ると、もちろん自転車の空気入れが常設
イングリッシュ・アメリカン・フレンチ、全部のバルブ対応なのが素晴らしい!!

2014-10-02 13.36.55

ち、近くにこんなお店が欲しい!!!!

 

上機嫌でデンバーへと戻ります

2014-10-02 13.49.36

途中、酒屋に立ち寄り
真剣にビールを選ぶ皆を尻目に、クラフトスピリッツのコーナーで、一人ウヒウヒしていました(笑)
予算の関係で、買ってこなかったんですけれどね…

2014-10-02 14.29.55

夕方からビアフェスに乗り込む予定なのですが、それまでまだ少し時間が…
ということで、こちらに立ち寄り!

2014-10-02 16.05.33

THE SOURCE…?
中に入ってみると、こんな感じ

2014-10-02 16.06.24

スタイリッシュな複合型商店みたいな感じでしょうか?
チーズ屋にブッチャー、コーヒーショップなんかもあります

2014-10-02 16.06.542014-10-02 16.49.232014-10-02 16.49.47

でも、目的はお買い物でもなくコーヒーを飲むことでもなく、建物の最深部にあります
アメリカには何をしに来たか?

そう、ビールを飲みに来たんです!!

2014-10-02 16.07.082014-10-02 16.07.38

CROOKED STAVE ARTISAN BEER Project

2014-10-02 16.07.46

もとはフォートコリンズにあったこのブルワリー、The SAUCEの立ち上がりと共にこちらに移転した模様
オーナーでブルマスターのチャドヤコブソン氏はサワーエールとブレタノマイセスにおける技能と知識の豊富さで名が知れ渡っている方

革新的なビールを生み出す、大注目のブルワリーです!!

 

こんなおしゃれスポットの一角にブルワリーがあるなんて!!
ここも大人気ブルワリーなのもあって、ぎゅうぎゅう

時間があまりなかったので、テイスターサイズをずらりと
(各々好きなものを頼んだら、見事にかぶらなかっただけというだけなのですがw)

2014-10-02 16.24.08

2014-10-02 16.24.58

基本的にはすべてサワーやブレットエール!!
美味しいサワーが2・3ドルから楽しめるだなんて、凄い!!

2014-10-02 16.25.26

しかも、どれを飲んでもバランスよく仕上がっていて、酸っぱすぎるとか甘すぎるといったことがないので、ずっと飲み続けられそう!!

2014-10-02 16.25.382014-10-02 16.25.342014-10-02 16.25.47

こんなブルワリー、近所に欲しい!!
(今日はそればっかりw)

 

一度ホテルに戻り、荷物と車を置いたなら、目指す先は「Convention Center」!!
お店にも飾ってある青い熊さんは、この場所に鎮座しておられるのです
そして、実物はめっちゃ大きいです

2014-10-02 18.19.032014-10-02 18.19.08

人波に乗って会場入り……また来ちゃいました!
人生2度目の「Great American Beer Festival」!!

2014-10-02 18.25.242014-10-02 18.25.42

いつも会場の雰囲気を説明するのに用いるのが「コミケ」
仮装している人もたくさんいて、眺めているだけでも楽しいです(笑)

ウォーリーの集団は毎年居て、どうやら「Great Divide」のスタッフやお客様の様です

2014-10-02 19.33.03

会場内、
フードブースはもちろん…

2014-10-02 19.39.09

ビールに関する本を売るブース

2014-10-02 18.25.32

ビールに関するものを売るブース

2014-10-02 19.22.32

サイレントディスコという、ワイヤレスヘッドホンを利用したディスコがあったり、

2014-10-02 20.24.27

髭を整えるブース…?

2014-10-02 18.43.19

マッサージのブースなんかもあります

2014-10-02 20.40.07

物販ブースはいつでも長蛇の列で、主にアパレルが購入できます

2014-10-02 19.56.48

少々脱線しましたが、こんな風にビール以外にも楽しめる要素が盛りだくさんあるんですよ!

 

さて、肝心のビールについて!

グラスは日本のビアフェスのように、チケット料金に含まれていて、入り口で配られます
これを好きなブースに持っていくと適量注いでもらえます

グラスの形は同じなようですが、毎年デザインが違うのもコレクター魂をくすぐるポイントの様です

2014-10-02 19.02.13

各ブースはこんな風にずらっと地域ごとに並んでいます

2014-10-02 20.05.28

限られたスペースながらも、横断幕や看板を駆使して個性を打ち出すブルワリーも多いです

2014-10-02 19.04.272014-10-02 18.48.49

この小さなブース数が本当に多くて、配られるリストと地図をもとに目的のビール探すのですが、
近年はビアフェスアプリがあり、ブルワリー検索はもちろん、スタイル別などのカテゴリーでも案内してくれます

もちろん、飲んだビールは自己採点することも出来、メモ代わりにもなります
(私はマメではないので、もっぱらブルワリー検索のみに使用していましたが…)

これはとても役に立ちました!

スポンサーとなっているブルワリーは他よりも大きなブースが与えられます
この大型ブースがまた個性的で、ブースのプレゼンコンテストも行われているようです

ブルワリーのTシャツやワークシャツで働くスタッフはもちろん、ブースの雰囲気に合わせたコスチュームを着ていたりして、とっても素敵!!

2014-10-02 18.43.31

2014-10-02 18.46.122014-10-02 18.51.11

2014-10-02 18.52.27

2014-10-02 19.03.13

2014-10-02 19.20.05

2014-10-02 19.31.302014-10-02 19.32.38

2014-10-02 19.34.402014-10-02 19.35.50

2014-10-02 19.36.37

2014-10-02 20.10.19

2014-10-02 19.50.37

2014-10-02 19.51.362014-10-02 20.11.29

 

とにかく広い会場なのですが、びっくりするような再会も!
今回会場を回るにあたって、まず訪ねたのが先日訪れたIllinois・Michigan・Wisconsinのブルワリーでした

知ってる人がいれば嬉しいなぁ、ぐらいに思っていたのですが、どなたにも会えず…
しょんぼりしながらNew Glarus Brewingブースの列に並んでいたらば、なんと!!

LAKEFRONTのAndy!!

2014-10-02 18.53.49

まさか、こんな広い会場で同行者にもすれ違わないのに、同じ列に並んでいるときに会えるなんて(笑)
と思っていたら、彼はFacebookで私がDenverに居るのを知っていたようで、密かに探していてくれた模様
これは嬉しい!!

どうやら12月にまた来日するようなので、その時にでもたくさん話したいなぁ

 

前回来た時も面白い試みだなーと思っていたのがこの「PRO-AM COMPETITION」

アマチュアのホームブリュワーのレシピを、各ブルワリーで醸してジャッジしようというもの

2014-10-02 19.53.172014-10-02 19.53.07

シンプルなスタイルのものから、奇抜なスタイルのものまであって、こういう試みはホームブリューが合法化されているアメリカならではだなぁと思いました

 

こんな感じのGABF会場内
とにもかくにも、時間の有効利用が大変!飲みたいビールもたくさん!!

2日後の土曜日にもまたGABFに参加するのですが、そちらではこのビアフェスの(私なりの)楽しみ方を書こうかな、と思います

 

この日はどこへも飲みには出かけず、ホテルでやはり買ってきたビールを皆で飲むことに
せっかくスーパーで美味しいお肉も買ったので、部屋で調理

そんな中、一理さんが開けてくださったオレゴン・ピノノワール
もともとピノ・ノワールは好物ですが、これは本当に美味しかったです
(ビールじゃないんかい!!というツッコミは無用ですw)

2014-10-02 23.12.01

いや、もちろんビールもたっぷり飲みましたよ!!
じゃじゃーん!!

2014-10-03 00.01.26

 

中でも衝撃だったのが、「きゅうりビール」の飲み比べ…

2014-10-02 23.22.47

私好き嫌いはほとんどなく、出されたものはモリモリ食べるのですが、
実は、きゅうりが大変苦手でして…最近ようやく克服してきたところです
(それでも未だに、新鮮で、いわゆる「美味しいきゅうり」ほど、食べられませんw)

GABFの会場でも「Cucumber Beer」という文字を目にしては、顔をしかめていたものです

とはいえ、キュウリも日本とアメリカでは大きさや味わいも異なりますし、もしかしたらイケるかもしれない!!
ここは勉強のためにと一口ずついただきました

 

が、これがヒドイ
「きゅうりに蜂蜜をかけるとメロンになるよー」を地で行く感じの味わい
青臭さももちろん残っているし、これの何が美味しいのかさっぱりわかりません…

「こんなものよく製品化したね、しかも大瓶で、ははは」
と、あまりの面白い味わいに、一理さんが興奮していたのが見られたのは良かったです(笑)

甘苦い夜となりました

こうして2日目の夜は更けていくのでした…

3日目に続く…

___________________________

★twitter→Follow us!!
★facebook→Click! [Like]

nontan

細々と別Blogを始めさせていただきました
TRANSPORTER BEER MAGAZINE BLOG [NONTAN]


Study Tour in Colorado 2014①Day 1

皆様こんにちは
店長のんたんです

先日旅Blog・シカゴ編が完結し、ホッとしたのもつかの間
今回からは旅Blog・コロラド編に突入です!!

シカゴは完全プライベートでしたが、コロラドは会社の研修旅行!!
Blogで研修内容をお伝えするのも、もちろん仕事のうちですので、今回はテンポよく更新していく予定です

今回も1日ごとに振り返っていこうかと思います
お時間のある時にでも一緒に旅してください!!

それでは、コロラド研修旅行編、初日のスタートです

‐‐

学生時代やフリーター時代に何度も海外に行くことはありましたが、まさか社会人になって年に2回も海外に旅立つとは夢にも思っていませんでした

しかも、アメリカに
(私はもともとヨーロッパフリークなので…)

そんなわけで、6月にシカゴに行って帰ってしたばかりなのですが、10月1日から7日にかけての1週間、コロラドに研修旅行に行って参りました!!

旅立つ1週間前は、けやきひろばビール祭りに参戦したり……直前にはイベントをぶち上げたり……と我ながら働くの好き過ぎだなーと思いながら、ドタバタとその日を迎えました

渡米の準備を一切後回しにしていた為、今回もパッキングは旅立つ数時間前
とはいえ荷物が少ないのが常なのであっという間に完了
待ち合わせが不安だったので、早めに空港に行くことにしました

私が打ち合わせに関与していた件以外は、行程も把握しておらず、空港に向かう電車の中で工程表を読み返したりしていました(笑)

そして今回も高らかに言います、

2014-10-01 00.11.56

成田が成田なう!!

2014-10-01 13.40.31

なぜ待ち合わせが不安だったかというと、一昨年の「パスポート以外荷物がありません事件」もさることながら、
今回は渡米経験のない2人に加え、前日に携帯を紛失するという神業を見せた1人がいるからで……
ほんとにネタの仕込みに余念がないね、カズ君

毎度ネタには困らなくて、本当に助かります

ケイさんは、予想通り待ち合わせ時刻に現れ、問題はカズとユウヤ
ふたりは予定の電車に乗り遅れたことをいいことに、人を待たせてるというのに、途中駅でビール飲んでやがったんですよ!!
こっちは飲むのも我慢して待ってたのに!!ぷんすか!!

そんなわけで、予定よりも約1時間ほど遅れて全員集合
こういう事態も踏まえて、だいぶ早く集合時間を設定した私、偉い!w

とりあえず、ミーティングの時点で皆からヒヤヒヤされるのはWHだけだと思います(笑)
その節はご心配をおかけしました^^;

2014-10-01 14.45.45

とりあえず、時間がかかる出国審査をさっさと終えて、腹ごしらえ

2014-10-01 15.50.432014-10-01 15.52.09

今回は直行便なので、前回のような乗り換えでダッシュするような事態にもならず
安心してフライトに臨みました

2014-10-01 16.05.332014-10-01 16.24.06

私の席だけが通路を挟んで離れていたのですが、お隣に座られたご夫妻とひょんなことから会話
毎年デンバーにいらっしゃる息子さんに会いに行くそうで、「君は何しに行くの?」との問いには、「ビールを飲みに行きます!!」と答えて笑われました

息子さんは数年前シカゴにいらしたそうで、その話でも盛り上がり、偶然とはいえ楽しいひと時を過ごさせていただきました!!
偶然の出会いに感謝

無事に約11時間のフライトを終え、デンバーに着地!!

 

飛行機の中で、カズ君のモニターだけ点かないというミラクル発生(笑)
今年の事件はこのぐらいでした
(もっと面白いこと期待してたのになぁ…残念)

入国審査にカズ君だけやたら時間がかかっていて、本人は「手が乾燥してるから、指紋が!!」などと言っていましたが、ネタ的には違うと思いたいです

 

何度かここでも触れていますが、私は飛行機の尾翼フェチです
デンバー空港に到着して、ターミナルを端から端まで歩いている途中に、発見してしまいました!!

2014-10-01 12.21.37

フラミンゴの尾翼!!
何だか、良い旅になりそうな予感♪

フロンティア航空という、デンバー国際空港を本拠地としている航空会社なのですが、実はいろんな動物が尾翼に描かれているようなのです
そんな中、到着してすぐに目にするのがフラミンゴな辺り、何かご縁があるのかもしれませんね

 

荷物をピックアップして、待ち合わせ場所へ
先に渡米していたオーナー夫妻とその一行と、ここデンバー空港で待ち合わせすることになっていました

「空港内でやっているビアフェスの会場にいるよ」
とのことだったので、直行

2014-10-01 12.48.202014-10-01 12.48.30

BEER FLIGHTS

2014-10-01 12.48.36

受付で料金を支払うと、スターターセットとしてグラスとスタンプカードが渡されます

2014-10-01 12.51.00

樽生はなく、ボトルや缶のみですが、10ドルで10種楽しめます

参加しているブルワリーは、
Avery Brewing、Breckenridge Brewery、Bristol Brewing、Dry Dock Brewing、Great Divide Brewing、Left Hand Brewing、New Belgium Brewing、Odell Brewing、Ska Brewing、Pug Ryan’s and Telluride Brewing
と、コロラド州の名だたるブルワリーばかり!!

2014-10-01 12.51.26

2014-10-01 12.53.282014-10-01 12.56.40

一般観光客向けなようですが、もちろん我々のようなGABF目当ての旅行客向けにもなったようで、とても盛況でした

2014-10-01 12.56.22

私はこの後運転だったので、泣く泣くなめる程度の試飲で控えさせていただきましたがね…

 

レンタカーは受け付けのお姉さんと相談して、どどんと8人乗りのGMCのユーコンにグレードアップ
シカゴ旅の車も大きかったですが、こちらは更にでかいSUV
2014-10-02 09.12.26 2014-10-02 09.12.44

大きな車を運転するのも、アメリカ旅行の醍醐味?
かえって大きい車の方が運転していて安心感があります

これから1週間、相棒となる頼もしい存在です

もはや、この数カ月は日本での運転よりもアメリカでの運転の方が距離も回数も多くなるとは(笑)

 

レンタカーでホテルに向かい、荷物を降ろした後、この旅最初の目的地へ

Epic Brewing Denver Brewery

2014-10-01 17.54.20 2014-10-01 17.56.23

日本でもお馴染みのEPIC!!
2月にCEOのDave氏が来日されたのも記憶に新しいですね

2014-02-01 20.11.18 2014-02-01 20.32.25
※この写真は2月に行ったイベントの様子

その際にも話題になりましたが、ユタ州の本工場に加え、去年新設されたコロラド工場!!
デンバーの中心地からもほど近く、好立地!!
もちろん、TAP ROOMも併設しています

2014-10-01 17.56.29 2014-10-01 17.56.37 2014-10-01 17.56.46

今回、インポートをしているAQベボリューションさんにお願いをして、特別に見学ツアーを組んでいただきました!!

2014-10-01 18.38.29

もちろん、案内役はDave氏
数か月前のことではありましたが、私たちのことを覚えていてくださって感激!!

2014-10-01 18.23.59

見学のお供にはビールが振る舞われたのですが、運転手の私には缶ビールをくれました!!
つい先日発売を開始したというペールエール
もちろん日本ではまだ飲めない一品です

 

工場は非常にコンパクト
とは言え、日本の中規模ブルワリーを超えるタンクの大きさと数

2014-10-01 18.25.59 2014-10-01 18.26.48

バレルエイジングももちろん手がけていて、ワインやバーボン、ラムのバレルなんかもゴロゴロ

2014-10-01 18.49.372014-10-01 18.26.53

空き缶の積まれた壁を抜けると…

2014-10-01 18.27.35 2014-10-01 18.27.55

新設された缶詰機が!!
Escape to Colorado IPAなどを缶詰
今後も続々と缶を増やしていくそうです!!

2014-10-01 18.28.22   2014-10-01 18.30.362014-10-01 18.32.53

そして、2月と3月にWHにも登場した、ファーキン
ガスの圧力はかけず、ポンプの動力も使わずに重力だけでビールを注ぐ専用樽です

2014-10-01 18.28.482014-10-01 18.28.52

TAPROOMでも2種類提供されていました

2014-10-01 19.09.04

更に奥へと進むと、大きなサワー樽!!
まだ未熟なサワーが眠っていて、最低でも2年は熟成させるそう

2014-10-01 18.54.32 2014-10-01 18.55.16

「たくさん飲んでくれれば、たくさん造るよ!」と言っていたので、ぜひたくさん飲みましょうw
試飲させてもらったのですが、まだ熟成途中でリリースはもう少し先とのこと
2年は寝かせないとならないみたいです…ぐぬぬ…

2014-10-01 18.55.27 2014-10-01 19.00.37

サワー樽の向こうはTAPROOMの客席

2014-10-01 19.01.49

少しずつ少しずつ設備投資をして、毎年何か新しいチャレンジをしていくというDave氏
発展途上のコロラド工場はまだまだカスタマイズを増やして、会社の発展と共に成長していく

いつまででも戦い続ける、そんな姿勢が潔くカッコイイ

2月に来日した時も、そのとっても気さくな人柄に癒されたのですが、素敵な笑顔と共に今回もたくさん良くしてくださいました!!
今回アテンドしてくれたアルバート氏を囲んで、
この旅で何度か合流するワールドエンド・山本さんとデビルクラフト浜松町・石渡さんと
お気に入りの一枚♪

2014-10-01 19.32.49

最後にはマッシュタンを囲んで、ツアークルー全員で集合写真を!!
みんな良い表情♪

2014-10-02 23.30.29

TAPROOMに戻ってきたので、Dave氏を囲んでチームWHで集合写真を、と思ったら…
思いっきり邪魔が入ったので、本気で怒っておきました

2014-10-01 20.00.38

気を取り直して、ちゃっかり2ショット♡
醸造所の成長を見守ると共に、またDave氏に会いに来たいなぁ…

2014-10-01 19.16.52

Epic Rocks!!!!

 

後ろ髪を引かれつつ、ホテルに戻る前にスーパーで買い出し
この日は夕飯はホテルのキッチンで調理したものを食べることに

2014-10-01 20.22.39 2014-10-01 20.53.55

欧米のスーパーって、広くて面白いのでワクワクしちゃいますよね♪
向こうのガチャガチャってすごくチープな感じがして好きです

ホテルに戻ってきたので、ようやくビールタイム!!
一理さん一行が私たちとの合流の前に回ってきた、アイダホやオレゴンで買ってきたビールを皆で開栓!!

2014-10-01 23.01.00 2014-10-01 23.01.04 2014-10-01 23.09.29

素敵なビールが多すぎて悶絶!!
程よくビールも入り酔っぱらってきた頃、一理さんがFALLING ROCKへ行くというので、数人と共に夜の街へ繰り出しました

調度雨が降り出したのですが、気にせず傘もささずに出たため、お店に着く頃にはいい感じに濡れてしまいましたが(笑)

2014-10-01 23.47.57

FALLING ROCK TAP HOUSE

2014-10-01 23.52.11 2014-10-01 23.52.16

デンバーで言わずと知れたビアパブ!!
ずらりと並ぶタップハンドルが爽快
75種以上もの樽生ビールが楽しめます

23時を過ぎているというのに、店内ぎゅうぎゅう
とにかくビールを買うのにも一苦労

TAPの数がありすぎて、どれを飲んでいいのか迷うのももちろん、
カウンターでビールを注文するにも、列という列は決まっていないので、ひとまず人混みに紛れ前の人がビールを受け取って去っていくのをひたすら待ちます
10分ほど待ってようやくオーダー、ビールにありつきました(笑)

2014-10-02 00.09.142014-10-02 00.36.55

店内には所狭しと使用していないタップハンドルやら、空き瓶やらが飾られていて、見回すだけでも壮観!!
ここは何度来ても、ハッとさせられるなぁ…

しかしながら、落ち着いて飲むために、地下へ移動
プールバーがあったり、個室があったりします

2014-10-02 00.11.06

レストルームの前には空き樽がボコボコ置いてあって、そのラインナップを見るだけでもよだれもの…60Lの樽とかもゴロゴロあるし…
流石、アメリカ各地からレアなビールも含めてあれこれ集まって来るようです
(しかもGABF期間中は毎日何かしらのイベントもあり、レアビールだらけ!!)

2014-10-02 00.26.48

そして、ゆう君が開けてくれたブラックキャップ!!
オレゴンチームが今回「CASCADE」で一番おいしいと言っていたものだったので嬉しい!!

2014-10-02 00.40.22

一理さんがFalling Rockに来たのは、オーナーさんに会うため
私も便乗して、ご挨拶させていただきました!!

2014-10-02 06.59.01

わーい!!

閉店も近づき、この日のビール行脚は終了!!

帰りにはルンルンでホテルに戻り、この日を終えたのでした♪
初日から濃いColorado滞在は、まだまだ始まったばかり

2日目に続く…
___________________________

★twitter→Follow us!!
★facebook→Click! [Like]

nontan

細々と別Blogを始めさせていただきました
TRANSPORTER BEER MAGAZINE BLOG [NONTAN]


Journey around Chicago⑥Day7-Last Day


皆様こんにちは
店長のんたんです

のんびりと毎日を過ごしていたわけではないのですが、シカゴから帰国からあっという間に4ヵ月が経とうとしています
いつになったら「シカゴの話」をするの?と言われましたので、ようやくお話させていただいております

ご存知のように、シカゴのことを書ききれないうちに再び渡米してしまいました…
物事がしっちゃかめっちゃかになる前に、シカゴ編を完結します!!

(デンバー編はなるべく早めに書き上げたいと思います)

駄文ではありますが、少しでもこの旅を共有できるように書かせていただいています
このあとも一緒に旅をしていただければ幸いです

 

1日ずつが濃密でしたので少々長めですので、お時間のある時にでもどうぞ♪

①1&2日目の話
Journey around Chicago①Day1&2

②3日目の話
Journey around Chicago②Day3

③4日目の話
Journey around Chicago③Day4

④5日目の話
Journey around Chicago④Day5

⑤6日目の話
Journey around Chicago⑤Day6

全5回の予定でしたが、収まりませんでした(笑)
今回で最終回ですよ!!

それでは、7日目最終日のスタートです

—–

さて、まず語らねばならないのが6日目深夜から最終日早朝にかけてのドタバタ
前回の終わりにちらりと触れたトラブルというのが、「宅急便」

買いためたビール達や頂いた3Floydsのビールなどを送ろうと思っていたらば、土日はお休みとのこと

すっかり日本と同じ感覚でいたのと、旅行中は曜日感覚がなく、宅急便を利用しようとしていた日が土日だったんですね
それに気が付いたのが、昨晩、というわけなのでした

そこに救世主登場!!
WHオーナー・えむちこさんの友人、まゆこさん
調度この時シカゴ郊外にお住まいで、デンバーへのお引越し直前でお忙しいのに代わりに荷物を送ってくださるとのこと
一度日本に帰国された際にお会いしていて、キップのいい気持ちの良い方だというのは覚えていましたが、まさか一度会っただけの私を助けてくださるなんて…

そうとなっては、行動開始!!
酔いながらも帰舎し、パッキング!!

荷物の制限に関してはだいぶ高をくくっていたので、夜通しパッキングする羽目になり…重さ制限と格闘…

彼女の仕事が早朝に終わるのと、子供たちが起きるまでの時間ということで朝6時にご自宅で待ち合わせ
何とか詰め終えた段ボールを載せて、朝の5時に一人、車を飛ばしてまゆさんの家に行きました

あくせくしていたり不安や焦りもあったので、
「せっかくだから、うちで朝ごはん食べていきなよ」と言われて泣くほど嬉しかったです

10478995_666820440039203_7359969144261807148_o

思いがけず、あたたかくて美味しいご飯をごちそうになり、コーヒーを飲みながらいろいろ人生相談にのっていただきました
まゆさんの懐の広さに、初めて口にすることがたくさんあったのが自分でもびっくり
ぜひ有言実行しようと思います!w

本当にほんとうに、まゆさん、ありがとうございました!!

 

後日デンバーで再会するのですが、それはまた、別の話で

 

今となって冷静に考えれば、機内持ち込み荷物を増やせばいいだけの話だし、買いすぎた自分たちが悪いのですが、だいぶ肝を冷やす結果となりました

ほんと、良い勉強になりました……
皆様もどうぞお気を付け下さい(笑)

 

気を取り直して、この日は自由行動!!
ホテルをチェックアウトし、車をパーキングに放り込み、いざ出発!!

2014-06-15 11.06.21    2014-06-15 11.27.35

シカゴは近代建築の宝庫
普段建物を見て歩くのが好きな私にとっては、とっても刺激的な街です

しかし、どうみてもトウモロコシの食べ後にしかみえない建物もあったり…

2014-06-15 11.07.23
これはマリーナシティという、超高層マンション!!
下層は駐車場で、上部が住居スペースになっているようです

駐車場もしっかりとした柵が見えないけど、落ちたりしないのかな?w

やはり、「コーンコブ(トウモロコシの芯)」という愛称で親しまれているそうです

 

本当に形も様々な高層建築が立ち並んでいます

2014-06-15 11.30.012014-06-15 11.08.482014-06-15 11.10.44
ね?
見てるだけで楽しいでしょ?

もっとじっくり見ていたかったのだけれども、この日は目的があったので、まずはそこをめがけてまっしぐら!!

とはいえ、目的地に向かうまでには様々な目を奪われるものがありました

Jay Pritzker Pavilion」という屋外の音楽ホール
Frank Gehry氏の作品だけあって、奇抜!!

2014-06-15 11.20.47 2014-06-15 13.10.57
観客席にもなる芝生が気持ちよさそうで、ここでのんびり音楽を聴きながらゴロゴロするのもいいなぁと、妄想

 

たくさんのパブリックアートも!

2014-06-15 11.25.422014-06-15 11.24.13

写真を撮っていたら、「これは最近出来たものですか?」と話しかけられました
地元民に見えたのでしょうか?

どこへ行ってもどの国でも、道を聞かれたり写真撮影を頼まれたり話しかけられたりします
(のんたん旅あるある)

 

通称ビーンと呼ばれる、Anish Kapoor作の「クラウドゲート(雲の門)

2014-06-15 11.21.03 2014-06-15 11.21.59

景色や人が写りこんで、ゆがんだ世界を作り出しています
ビーンの下に潜れるようになっているのですが、渦の中心で上を見上げるとこんな感じ

 

そんなこんなで、目的地に到着
そうです、シカゴ美術館ですよ!!

2014-06-15 11.31.18

アメリカ3大美術館の一つです!!
(あとふたつは、メトロポリタン美術館とボストン美術館です)

「シカゴに行く」と決まってから、どのブルワリーよりも行きたいところでした(笑)
というのは少々大げさですが、私の旅には欠かせない要素の一つが「アート」なのです

まずは新館から入り、

2014-06-15 11.28.03

そして、中から通じて本館から出ました

2014-06-15 11.47.44

本当は朝一から乗り込んで、ギリギリまで堪能する予定だったのですが、朝のトラブルで時間押しおし…
とにかく広いので、見たいもの(予習済み!)だけババーッと見て回ったのでだいぶ忙しなかったです…それでもギリギリ滞在時間1時間半は頑張った方かな?

またゆっくり来たいです……(涙)

 

皆とは完全に別行動だったので、待ち合わせ場所へと急いで戻ります

が、そこは「せっかく来たんだから精神」が働いて、ちょっと遠回りしながら帰ることに

とりあえず、どうしても見ておきたかった「ミシガン湖」!!

2014-06-15 12.03.55

どうみても海!!w

2014-06-15 12.05.48 2014-06-15 12.08.02 2014-06-15 12.31.25

これが湖だなんて、考えられない広さだよ
さすが、世界で5番目に大きい湖なだけありますね

湖畔は本当にのんびり
レンタルサイクルもあって、サイクリングも楽しそう

2014-06-15 12.36.02 2014-06-15 12.38.49

のどかな風景が続いて、
警察官もセグウェイに乗ってパトロールしてます

2014-06-15 12.44.36 2014-06-15 12.48.51 2014-06-15 12.00.45 2014-06-15 12.23.59 2014-06-15 12.17.47

湖畔から離れて、公園に差し掛かると、面白そうなイベントがやっていたので、ふらりと通過
(足を止める時間はなかったので、通過しながら観察…)

The 21th Annual Chicago Blues Festival

2014-06-15 13.01.43 2014-06-15 13.02.41

シカゴと言えば、ブルース!!
あとから調べて知ったのですが、このブルースフェスティバルは世界で一番大きいと言われているそうで、出演者は世界の大物からローカルバンドまでが多数出演しているそう
会場の横の通りにはフードやお土産物やアート系のショップが並んで賑わっていました!
(クラフトビールがなかったのは残念でしたが…… ←一応チェックした)

楽しいイベントを尻目に、駆け足でシカゴの街へ戻ります

 

途中でたくさんセグウェイに乗った人(警察官も含むw)を見かけましたが、セグウェイや自転車でのツアーもたくさんあるみたい

2014-06-15 13.30.38 2014-06-15 13.30.51

今度は自転車で街中を回ってみたいなぁ
ますますシカゴにまた来たくなるじゃないか!!!!

 

そんな遠回りしてばかりの帰り道だったので、集合時間にやや遅れ気味で到着

別行動をしていた他の皆は、最後にまたシカゴピザを食べに行っていたみたいで御裾分けをいただきました!!
(そういえばこの日、観光に夢中で何にも食べてなかった…笑)

前回食べたものより、ディープディッシュっぽいかな?
味はシンプルにトマトソースとチーズ!!

2014-06-15 13.37.34

・・・・・・

結論:某悪魔クラフトさんのディープディッシュ・ピザが一番美味しい
(本当だよ?笑)

 

最後の運転も無事に終え、空港へ

2014-06-15 15.17.21 2014-06-15 16.34.05

無事に荷物も預け終わり、出国が済んだら、
最後の最後までクラフトビール!!

GOOSE ISLAND

2014-06-15 16.36.05  2014-06-15 16.36.35 2014-06-15 16.38.23

調度、日本行ゲートの隣が正にこのパブ!
これは、飲むっきゃないでしょ♪

シカゴ市内のブルワリーには足を運べなかったので、最後に飲めて嬉しかったです

2014-06-15 16.38.32 2014-06-15 16.42.01 2014-06-15 16.42.16

おじさんたちの接客はちょいちょいだったけどね

 

そんなわけで、直行便で日本へ
帰りの飛行機は乗客が少なかったようで、3人席を独り占め!
ゆったり帰ってこられたので、疲れも出ず、無事帰国しました

 

正確な数字ではないのですが、今回の車での総移動距離:約1180マイル=約1850km
本州縦断相当です
簡単に地図にまとめてみました

いやー、よく運転しましたね…
考えてみれば、この旅の半分はドライブだもんね

 

出発前に色んな人に心配されたメンバー編成だったけれども、
特に大きな事故もなく、多少のトラブルには見舞われましたが、それ以上にたくさんの人達との出会いや交流が出来たので、終わりよければ全てよし!!ということで

どこへ行ってもそうなのですが、旅に出ると会いたい人も行きたいところも増えて帰ってくるんですよね(笑)
だからまた懲りずに足を運ぶのだと思うのですが

行く前までは全く想像がつかなかったこの旅も「またシカゴに行きたい!!」と思わせてくれるほど良い旅になりました

 

この旅をご一緒してくれた、さかもっちゃん・ばびさん・野澤さん、
旅のほとんどの行程や予約を任せっきりだった諒くん
ありがとうございました!!

 

(でもやっぱり、次回は一人旅がいいかなw)

‐‐‐‐‐

後日、
久しぶりに5人が集まって反省会兼打ち上げをしました

目的はコレ!!
HalfacreとDarkmatter Coffeeのコラボビール!!
「Big Hugs Coffee Imperial Stout」

2014-10-18 04.48.30

毎年絵柄が違うみたいなんですが、これは2013年のもの
猫ちゃんがかわいいです♡

実はHalfacreのスーベニアショップで缶を買って帰りたくて、Maurizio氏にAkarishogun(American Wheat Ale)が欲しい!とねだったところ、

ごめん、Akariの缶は無かった…(しょんぼり)…その代りにこれでいいかな…?

と、いただいたビールでした

 

いや、むしろ大歓迎です!!!!といただいて来たわけなのですが、
せっかくなので、旅を共にした皆で飲もうと取っておいたものでした

 

このビールのボトル、良く見るとラベルの端っこに「PEEL ME」と書いてあるんですよ
ラベルコレクター用にはがしやすいとか??と思って何気なく剥がしたら、

ば!!!!

!!

10726198_674139352694152_624879298_n  2014-10-18 05.16.47

まさかの隠しコマンド発見!!
ラベルの下に、更にラベルが隠れていたんです!!

何かこういう遊び心とか、サプライズとか、本当に感激しますね

2014-10-18 05.28.58

皆で美味しいビールを堪能することもできて、まさかのサプライズもあり、
これでようやく旅も本当の意味で終わりを迎えました

締めくくりにふさわしい、素敵なビールでした

 

さて、散々引っ張って参りましたシカゴ旅Blogも、これにて完結です!!!!
長々お付き合いくださいました皆様、本当にありがとうございました!

・・・・・・

しかし、
私はまたアメリカへと旅立つことになるのです
まさか、年に2回も渡米することになるとは思ってもいませんでした…
それについては、また別の話で……

Colorado編に続く…

___________________________

★twitter→Follow us!!
★facebook→Click! [Like]

nontan

細々と別Blogを始めさせていただきました
TRANSPORTER BEER MAGAZINE BLOG [NONTAN]


Journey around Chicago⑤Day6


皆様こんにちは
店長のんたんです

のんびりと毎日を過ごしていたわけではないのですが、帰国からあっという間に2ケ月…そして3ヵ月が経とうとしています
いつになったら「シカゴの話」をするの?と言われましたので、ようやくお話させていただこうかと思います

シカゴのことを書ききれないうちに、もう渡米の日程が迫ってきています^^;
完結は出来なさそうですが、せめて少しでも間を詰めようかと急ピッチ!!

更新頻度が急にアップしましたよ♪

え?やれば出来るじゃないかって?
・・・・・・・えへへ・・・・・・・

駄文ではありますが、少しでもこの旅を共有できるように書かせていただいています
このあとも一緒に旅をしていただければ幸いです

 

1日ずつが濃密でしたので少々長めですので、お時間のある時にでもどうぞ♪

①1&2日目の話
Journey around Chicago①Day1&2

②3日目の話
Journey around Chicago②Day3

③4日目の話
Journey around Chicago③Day4

④5日目の話
Journey around Chicago④Day5

全5回の予定でしたが、収まりそうにもありません(笑)

それでは、6日目のスタートです

—–

名残惜しくもミュンスターを後にし、しばらく山間の道をひた走り、2時間ほど
この景色が見えて「あぁ、シカゴに帰ってきたんだなぁ」と実感しました
ダウンタウンが近づくにつれ、道幅も狭くなり、交通量も増え、周りの運転も荒くなってきます(笑)

2014-06-14 10.10.21

この日の前半は必要品の買い足しであちこち買い物
まず向かったのはWHOLE FOODS MARKET!!

2014-06-14 11.19.05

アメリカでは言わずと知れた、オーガニックの食材を中心に、衣料品・化粧品・雑貨など何でもそろうスーパーマーケットです

2014-06-14 11.25.512014-06-14 11.26.01

所狭しとこだわりの食材などが並びます

2014-06-14 11.27.55

本当にここにいると飽きなくて、本当に楽しい!!
もちろんビールも豊富にそろっています

 

そして、品ぞろえが良いと聞いていた酒屋さんへ!!

2014-06-14 11.34.56

噂通り、ビールやワインだけでなく、各国のお酒がずらり!!
これは楽しい!!

日本でもお馴染みの商品を見かけたり、

2014-06-14 11.45.512014-06-14 12.21.53

クラフトスピリッツだけでもこんなにたくさん!!

2014-06-14 12.34.09

今まで散々買物して来たというのに、まだ買い足りないのかと言わんばかりにあれこれ購入する一同
今までの酒屋さんもなかなか取り揃えが良かったけれど、ここではそこでは買えなかったものや買い足したいお酒などをピックアップ

カートも大きいのに満載に…

2014-06-14 12.35.59

お店は2階にあるのですが、カート専用のエスカレーターがあり、押し込むと
この様に勝手に降りてきてくれます

2014-06-14 12.36.29

だからたくさん買っても大丈夫♪…なわけないんですが

ここがほぼ最後のビールの買い付けになったのかな?
トランクは既にパンパン…

 

買い物で満足した一行は、この日最初の目的地へ
どうしても行きたい!とリクエストしていたうちのひとつへ!

2014-06-14 13.01.52

DARK MATTER COFFEE

2014-06-14 13.02.30

独自の自家焙煎を行い、豆もフェアトレードによる自家輸入
また、シカゴのカリスマブルワリー・HALF ACREとのコラボでも知られる、正統派だけれどちょっと風変わりなコーヒー屋さんなのです

2014-06-14 13.02.59

お店の中はおとぎ話に出てきそうな佇まい

博士の実験室?みたいな…

2014-06-14 13.03.212014-06-14 13.03.27

カフェはまた別にあるのですが、このローサリーでもコーヒーが楽しめます

2014-06-14 13.04.19

早速「本日のコーヒー」を一杯入れていただきました!
優しい苦みとほんのりとした酸味
至福♡

隣の瓶はバレルエイジングされたコーヒー!!

2014-06-14 13.07.49

ぜひアイスコーヒーで、と試飲で頂いたのですがこれまた美味!!
早速お土産に1本手に入れました

スタンディングカウンターから見える光景もまるで絵本の中みたい

2014-06-14 13.08.442014-06-14 13.16.23

興味深く店内を見ていたら、
「ちょっと手が空いたから、中を案内しようか?」と言っていただけました

もちろんお言葉に甘えないわけもなく、ローサリーの中を見せていただけることになりました!!

2014-06-14 13.17.00

先にも書きましたが、豆は自家輸入した厳選された豆たち
主にはエルサルバトルやメキシコから仕入れているそうで、ブラジルの豆なども

もちろん緑色の生豆の状態でやってきます

2014-06-14 13.17.172014-06-14 13.19.53

 

実験室みたいなテイスティングルーム
ここでレギュラー商品のチェックや、いろんなブレンドの試作や煎り加減などをチェックし、製品化しているそう

2014-06-14 13.17.22

一番奥にロースター!
電気で基本全自動なんだとか!

2014-06-14 13.20.032014-06-14 13.20.09

事務所に飾られていた、HALF ACREとのコラボパッケージのポスター!!
「ビッグ・ハグス」というスタウトと「ビッグ・ハグスvsメガ・ハグス」というインペリアルスタウト……

もちろん、どちらもDark Matterのコーヒーを使用したコーヒースタウトですよ

2014-06-14 13.25.06

なぜか勝慎太郎のポスターが貼られていたり、妙に日本フリークなようです

 

せっかくならば豆も買って帰りたい!!
ということで、歩いて近くにある姉妹店のカフェへ

2014-06-14 13.37.062014-06-14 13.37.12

STAR LOUNGE Coffee Bar

2014-06-14 13.41.59

Coffee Barとうたっているだけあって、カフェというよりはバーみたいな雰囲気
無事に豆も購入!!

そういえば朝食以降、まともに口にしたのがコーヒーだけだったりします(笑)

 

ここで、一足先に帰る仲間をオヘア空港にドロップアウト

2014-06-14 14.48.34

また日本でねー\(^o^)/

 

残った一行はお腹も空いたところで、シカゴドッグを食べに行くことに!!

シカゴドッグは一般的に想像されるホットドッグとは違い、ケチャップは一切使わないのが大きな特徴!!

ビーフソーセージを芥子の実がついたパンに挟んで、
トマトと玉ネギのみじん切り、ピクルスのみじん切りの入った甘酸っぱいトッピングをのせ、
セロリーソルトとたっぷりのマスタードで食します

2014-06-14 15.17.27

 

というわけで、おすすめされたこちらのお店にやってきました!

2014-06-14 15.08.04

GENE & JUDE’S RED HOT STAND (No Website)

2014-06-14 15.09.19

とにかく大行列の店内
つづら折りが4重にもなっています

日本人はよく行列を作るけど、アメリカ人が並んででも食べたいホットドッグって?!
これは期待が高まります!!

 

スタッフがたくさんいますが、完全分業制
注文をとる人と、ソーセージをひたすら茹でる人と、芋をひたすら揚げる人と切る人、パンを温める人と、それらを合わせてドッグを完成させる人、お会計とドリンクを出す人…

意外と待ち時間がありましたが、その間スタッフの動向を眺めて楽しんでいました

2014-06-14 15.11.05

芋を切る機器が豪快で、見ていて飽きなかった(笑)
うちの店にもあれ欲しいなぁ

茹でた芋をセットして、ドンと下にレバーを下すと、短冊形の芋がするっと出てくる仕組みです

2014-06-14 15.17.592014-06-14 15.17.56

 

さてお待ちかねのホットドッグ!!

こんな感じに折りたたんだ紙袋に入って渡されます

2014-06-14 15.34.23

イートインスペースがあるわけではないので、各々外で立ち食いだったり、車の中で食べたりしています
我々も車に戻って食べることにしました

袋を開いてみると、ドッグとフライが一緒に紙に包まれています
ご、豪快!!

神経質な人にはむかない包装ですね(笑)

2014-06-14 15.37.46

ドッグの姿が見えないので、ちょっと分けてみると、こんな感じ

2014-06-14 15.38.45

ソーセージはジューシーで、トッピングも美味しい!
フライも自家製なので、大きくてホクホク

けれど、フライと包まっていたせいか、パンがだいぶ残念なお姿に
とは言えこれで、2.6ドルかと思えば十分に満足です!!

 

お腹も一杯になったので、ホームセンターに立ち寄り梱包材などを買い足し
ホームセンターもまた、日本とはまた違った雰囲気で楽しいですね♪

諒くんが、レジのお姉さんに「その声どうしたの?風邪?」と聞かれていたのには笑いました

 

ダウンタウンに戻りホテルにチェックイン
休憩もほどほどに街へと繰り出しました

電車に乗って移動し、住宅地の中を進んでいきます
割と良いお家が多くて、綺麗で住みやすそう!!

2014-06-14 18.52.07

そんな閑静な住宅地を抜けて、辿り着いたのがこちら!

2014-06-14 18.55.20

HALF ACRE Beer Company

2014-06-14 18.57.29

すごくシンプルな店内にたくさんの人達!!

コースターがかわいい

2014-06-14 18.58.45

ここは缶などのプロダクトデザインが素敵な上に、中身もとても美味しいです
どれを手にとってもカッコ良く、かつ美味しいというのは素晴らしい

メニューもカッコイイ♪

2014-06-14 18.59.032014-06-14 18.59.16

テーブルを担当してくれたメリッサちゃんがとってもCUTE♡
明るく元気でスレンダーな美人さん!!

2014-06-14 19.12.36
(逆光ですみません^^;)

 

ここでもまずはテイスターセット全開
メリッサちゃんが、わかりやすいように、とメニューの上に置いてくれました

2014-06-14 19.13.36

ひとつだけ売切れで飲めなかったですが、ここも全体的に優等生!!
Daisy Cutterというアメリカン・ペールエールが好みなのと、
Akari Shougunという明らかに日本を意識した?名前のウィートエールも秀逸です

 

TAP ROOM内でフードの販売はしていないのですが、近くのお店から出前をとることも出来ます
アメリカのブルーパブなどではよくあるスタイルで、お店の前にフードカーが停まっていたりすることもあります

2014-06-14 19.20.32

近隣には美味しそうなリストランテやピザ屋さんもあったので、ここのビールと合わせたら最高だろうなぁ!!

 

店内はひっきりなしにお客さんが入れ替わり、終始賑わっていました
近くに住んでいるのか、すごくラフな格好の人達がふらりとやって来てはスタッフと談笑しています

いいなぁ、こういう雰囲気

2014-06-14 19.21.07

ブルワリーを案内してもらう前に、メリッサちゃんと記念撮影!!
いろいろ良くしてくれて、ありがとう\(^o^)/

2014-06-14 19.26.21

連れの一人は、彼女のあまりの可愛さに「結婚してこのままシカゴに住みたい」とまで言う始末でした(笑)

 

ということで、一通りビールを楽しんだ一行は、いざTAP ROOMのお隣のBreweryへ

2014-06-14 19.50.56

2014-06-14 19.51.042014-06-14 19.51.14

ずらりと立ち並ぶタンク達!!

2014-06-14 19.51.27

この発酵タンク達にはそれぞれ違うステッカーが貼ってあります
番号呼びが一般的だし多いけれど、タンクに名前を付けちゃうブルワリーも多いですよね(笑)

2014-06-14 19.51.542014-06-14 19.52.01

それぞれの名前、ちゃんと聞いておくんだったかな

 

忙しいのに付きっきりで案内してくれたMaurizioさん
大阪に住んでいたこともあるそうで、日本語がお上手!!

2014-06-14 19.52.09

日本を意識した商品がちらほら垣間見えるのも、きっと彼の日本滞在からインスピレーションが来ているんでしょうね!

 

更に中へと進んでいくと、衝撃的なものを発見!!
ステッカーだらけのタンク!!

2014-06-14 19.52.24

こんなものを見つけてしまっては、やはりマーキングをさせていただくしかない!!
ということで、ここHALF ACREでもマーキング!!

2014-06-14 19.54.052014-06-14 19.54.17

いえーい\(^o^)/

2014-06-14 19.54.24

しかしこれだけのステッカー、それだけ訪問者がいるってことですよね
本当にすごい

広さや設備の割には小さめのマッシュタン
その隣では元気に発酵中のタンク
(不思議な生き物のステッカーが貼ってある……)

2014-06-14 19.55.022014-06-14 20.05.59

貯蔵の冷蔵庫兼、パブの冷蔵庫に潜入!!

2014-06-14 19.57.23

パブの真裏に連れて来てもらい、ラインを見せていただきました!

2014-06-14 19.57.562014-06-14 19.57.59

特に興味深かったのが、コレ↓

2014-06-14 19.58.11

試験管のような筒の中に、白いボールが入っているのがわかりますか?

パブと冷蔵庫の位置が遠い為、人気商品は2樽ずつラインが繋がっています
片方だけ切れた時、空気が入って泡だらけになってしまうときにはどうするのか?

そこでこの装置が活躍するわけです!
ビールがなくなった時にこの白いボールが落ちて、ビールもガスも止まる仕組みになっています
すると、片側のラインだけでビールが提供し続けられるわけですね

2014-06-14 19.58.36

なるほど、こんなシステムもあるのかぁ!

もちろん、スーベニアショップも完備

2014-06-14 20.01.252014-06-14 20.01.40

2014-06-14 20.03.37

とってもコンパクトな全自動缶詰機!!
とはいえ、大きいには違いないですけれどね

2014-06-14 20.08.36

この缶詰機には、DEAD PONYのステッカーが貼られていました

2014-06-14 20.09.46

ブルワリーの2階へ
ここにはモルト置き場とミル庫があります

2014-06-14 20.16.142014-06-14 20.16.092014-06-14 20.17.43

何故わざわざ重いモルトを上に上げているのかというと、
ミル庫から、砕いたモルトを上からザラザラーっとマッシュタンに直接入れられる仕組みになっているからです

2014-06-14 20.19.12

効率的なのか、非効率的なのか、良くわからない仕組みです(笑)
これは、ブルワリーの拡張と共にミル庫の場所を移動したりの苦肉の策の様です

こんなに重くて床抜けないの?と心配をしたら、笑っておられました(笑)

 

醸造所内にもTAPがあるのはさすが!!
定期的にブルワリーツアーもしているようなので、その余興の為なんだとか

2014-06-14 20.22.15

ここの調度品もセンスが良くて感化されます
この木彫り、凄くないですか?!!

2014-06-14 20.41.322014-06-14 20.41.49

 

一同はスーベニアショップに戻り、買い物!!

2014-06-14 20.42.492014-06-14 20.42.53

閉店した後だったにも関わらず、ご厚意で開けていただき貸切で楽しみました!!

2014-06-14 20.47.312014-06-14 20.53.18

 

お世話になったMaurizioさんと記念写真!!

実は帰り際に凄い企みも話し合われたのですが、それはまた別の話で!!
後日お知らせするので、お楽しみに♪

2014-06-15 02.50.13
(この日、示し合わせたかのように皆グレーのTシャツを着ていたりしますw)

隅々まで見せていただき、本当に感謝!!
ありがとうございました\(^o^)/

 

後ろ髪を引かれつつ、行きたいブルワリーもたくさんあったのですが、我々を待っている人がいるというので待ち合わせ場所へ

2014-06-14 21.31.16

住宅街の中にポツリと現れた素敵なバー!

入店したらば、何とW杯の日本戦真っ只中!!

2014-06-14 21.34.54
(負けちゃいましたけどね)

 

我々を待ち構えていたのは、友人の友人であるShantzy
シカゴにあるFarmhouseというレストランでデレクターをしている凄い人

しかも交際中の彼女は、あのREVOLUTIONのマネージャーCarissa!!

2014-06-14 21.41.15

このシカゴ滞在で色々とお世話になった2人と彼らの友人とたくさんお話しました
陽気で楽しい彼らのペースに、ついついビールも進みます

2014-06-14 21.53.01

最後に全員で記念撮影!!
ありがとう、Shantzy、Carissa!!

2014-06-14 23.27.05

 

そして、実はこの時とんでもない事態に気づき、酔っぱらう皆を横目に手配に奔走…
ここにきてアクシデントー!!

一気に酔いも醒めてしまいました
陽気な顔で写真に写っていますが、この時内心だいぶハラハラしています…

 

 

さてはて、無事に旅を終えることは出来るのでしょうか…

最終日に続く…

___________________________

★twitter→Follow us!!
★facebook→Click! [Like]

nontan

細々と別Blogを始めさせていただきました
TRANSPORTER BEER MAGAZINE BLOG [NONTAN]


Journey around Chicago④Day5


皆様こんにちは
店長のんたんです

のんびりと毎日を過ごしていたわけではないのですが、帰国からあっという間に2ケ月…そして3ヵ月が経とうとしています
いつになったら「シカゴの話」をするの?と言われましたので、ようやくお話させていただこうかと思います

シカゴのことを書ききれないうちに、もう渡米の日程が迫ってきています^^;
完結は出来なさそうですが、せめて少しでも間を詰めようかと思います!!

長らくスパンが開いてしまい、数少ないこの旅ブログの読者の皆様にはご迷惑をお掛けしております

駄文ではありますが、少しでもこの旅を共有できるように書かせていただいています
このあとも一緒に旅をしていただければ幸いです

 

1日ずつが濃密でしたので少々長めですので、お時間のある時にでもどうぞ♪

①1&2日目の話
Journey around Chicago①Day1&2

②3日目の話
Journey around Chicago②Day3

③4日目の話
Journey around Chicago③Day4

全5回の予定でしたが、収まりそうにもありません(笑)

それでは、5日目のスタートです

—–

ホテルで朝食をしっかり摂って、次の目的地へと出発!!

この日はずっとお天気が良くて、ドライブ日和でした
もはや雲を眺めるのが、この旅の日課です

2014-06-13 10.43.092014-06-13 10.43.16

3時間半のドライブの末、最初の目的地に到着
もはや3時間ぐらいのドライブでは、へでもない感じです

整った街並みの一角にそこはあります

2014-06-13 11.02.21

New Holland Brewing

2014-06-13 11.01.022014-06-13 11.02.04

11時の開店とほぼ同時に着地
この日の一番最初のお客だった私たち

店内貸切―!!と思っていたのもつかの間、すぐにゾロゾロとお客さんが続き、広い店内があっという間に埋まりました

2014-06-13 11.03.37

開放的で明るい店内!!

このカウンターの真ん中にある黒板
実は、黒板風デザインのモニターなのです!!
これは素敵♪

2014-06-13 11.21.10

ここは液種も多く、タップもずらりと並ぶと爽快ですね

2014-06-13 11.21.20

そしてお馴染み、ビアフライトー♪
ここのグラスも丸っこくてかわいい!!

しかも、6種も選べるとあって、かなりボリューミーでお得!!

2014-06-13 11.36.49

特注であろう、専用のフライト下駄が素敵でした

2014-06-13 12.32.03

しかしながら、きちんと納めないとすわりが悪いので、酔っ払いは注意が必要?!

 

ビールは全部、優等生!!
この旅の中でも(一番最初のお店ということもありましたが)比較的皆の飲むペースが早かったように思います(笑)

特に度数が高めなものが好印象で、
Dragonsmilkというバーボンバレルエイジド・スタウトや、Imperial HatterというDouble IPA、Oak Aged Mad HatterというバレルエイジングのアメリカンIPA!!

 

お店のほぼ真ん中にマッシュタン!!
これは通常使用しているものなのかしら…?

2014-06-13 11.16.372014-06-13 12.25.15

と思い近づいてみると、現在も使用していそうな形跡
天井こそ高いですが、こんな店のど真ん中で醸しているなんて!

2014-06-13 12.25.03

お店の探検中に地下室を発見し、そこにタンクなんかがありそうな雰囲気でした

 

そしてここには、マイクロディスティラリーも併設されています

2014-06-13 11.04.11

設備を覗くと、本当に2畳ぐらいのスペースで蒸留していました

2014-06-13 12.39.062014-06-13 11.04.17

比較対処の人物が入ると、より蒸留釜の小ささが伺えますね

もちろん、出来立てのスピリッツやウィスキーはここで買うことが出来ます
ウィスキーはもちろん、ジンやラムなども造っています

全部試したかったけれど、とあるお店への仕入れに数本購入しました!
銀座某所で試せますので、興味のある方はご連絡くださいw

2014-06-13 12.50.24

近年アメリカではマイクロディスティラリーが増えて、クラフトスピリッツが盛んだと聞いていましたが、こんな形で目にするとは感激でした!!

 

調度昼時でしたので、ご飯タイム!!

チーズディップをつまみつつ、

2014-06-13 11.40.13

ケールのスープは具だくさんで美味!!

2014-06-13 11.40.40

草食の私は、大盛りサラダを抱え食い!!

2014-06-13 11.48.51

カッテージチーズのたっぷりのったピザも美味しそうでした!!

2014-06-13 11.48.59

 

お店の入り口にあった、瓶のシャンデリアが可愛かったなぁ

2014-06-13 12.53.52

お店の外装も素敵で、お花も手入れが行き届いていて素敵なところでした♪

2014-06-13 12.55.31

 

続いての目的地へ向かう途中に、でっかい星条旗が!!
写真じゃその大きさが伝わらないのが残念です…

たぶん、6畳分ぐらいはあったんじゃなかろうか…

2014-06-13 13.04.27

そんな大きな旗がなびいているので、この日の風の強さがおわかりになると思います

皆の運転姿も様になって参りました

2014-06-13 13.05.27

そして、ひたすらまっすぐな道を進みます
アメリカの運転って怖くないの?とよく聞かれますが、左ハンドルに慣れれば郊外は道も広いしほぼまっすぐだしで案外日本の運転よりも怖くありません

さすがにダウンタウンに入ると交通量も増えますし、道も狭くなりますし、皆イライラしている(笑)ので注意が必要ですけれどね!

うちのオーナー・一理さんがアメリカでしか運転しない、というのは妙に納得します

2014-06-13 13.05.37

走り出して30分ほど
「近くにサイダリーがあるみたいなんだけど、寄ってみない?」という話になり立ち寄ることに

しばらくすると、一同大興奮の光景が!!

じゃじゃーん!!!!

2014-06-13 13.26.03

Virtue Cider

2014-06-13 13.27.04

広大な葡萄畑とリンゴ畑のど真ん中に、このサイダリーがあります

2014-06-13 13.29.262014-06-13 13.27.22

 

ナイスビュー!!!!
めっちゃ気持ちいい!!!!

2014-06-13 13.30.082014-06-13 13.30.58

農場のど真ん中にあるにも関わらず訪問者も多く、私たち以外にも何組かの先客がいました

佇まいもとても可愛らしい

2014-06-13 13.32.482014-06-13 13.33.37

中には小さなカウンターとほんの少しの物販が
しばらく眺めていると、何と一通り無料試飲させてくれるとのこと!!

2014-06-13 13.35.412014-06-13 13.41.41

もちろんお言葉に甘えて、全試飲!!

少しだけ酸味のあるサイダーは爽やかで飲みやすい!!
様々な国のスタイルで醸造しているそうで、さらにはバレルエイジングなどにも力を入れているそう

それぞれが個性的で、またサイダーの新しい魅力を発見しました!

2014-06-13 13.59.14

 

バレルエイジング・サイダー!!
これがまた独特の味わいで、私は一番好みでした♪

2014-06-13 13.59.28

しばらく庫内をウロウロしていると…

あれ…?
え?ぬいぐるみじゃないよね?

っということで、かわいこちゃん発見!!

2014-06-13 14.01.312014-06-13 14.01.42

我々が来ても一切動じず、触ってもなすがまま
訪問者も多いでしょうから、立派な看板猫を果たしています

こんなところで猫様と触れ合えるなんて至福♡

2014-06-13 14.02.10

しばらく猫と戯れていると、
「軽く案内するけど、見学していくかい?」と声をかけられたので、もちろん参加!!

2014-06-13 14.02.29

このどでかい機械は、リンゴを洗って圧搾する機械
全てを全自動で行っているそう

2014-06-13 14.06.55

圧搾したリンゴは、皮も実も茎も種もすべて使用するので、濾過器で濾過します

2014-06-13 14.08.57

その後、自然発酵させ発酵をし始めたサイダーはステンレスタンクへ
隣の貯蔵庫は地下を掘ってあり、自然の地熱でひんやりとしていました

2014-06-13 14.13.09

ときおり「コポン」っという発酵の合図が庫内に響き渡り、その可愛らしい声に癒されました

昔の圧搾機も飾られていましたが、現在でも使用できるそうです

2014-06-13 14.21.20

とにかくロケーションが抜群
この場所にいるだけで癒されました…

2014-06-13 14.02.56

 

このあとの運転当番は私だったのですが、ここからの道も素晴らしく眺めの良いものでした
これだから長時間のドライブも苦にならないんですよね

 

続いて向かった先は、友人がおすすめしてくれたこちら!
当初は寄る予定がなかったのですが、時間が出来たので立ち寄ることに

実はこの選択が、のちに良い結果となるのです

2014-06-13 16.18.24

Iechyd Da Brewing

2014-06-13 16.21.16

ウェールズスタイル、という特異なブルワリー

お店の名前にもなっている「Lechyd Da(ヤヒダ)」とは、ウェールズ語で「乾杯!!」という意味
このお店にチェックインしたとたん、ウェールズ人の友人が教えてくれました

2014-06-13 16.21.482014-06-13 17.29.50

もちろんメニューにも、お店の名前の由来がきちんと書いてありましたけどね(笑)

ここでもマイマグ制度があるようで、個性豊かなマグがカウンターにずらり!!

2014-06-13 16.23.412014-06-13 16.23.55

醸造所は店の奥にありました
割合オープンなスペースで、簡単に中を見ることができます

2014-06-13 16.25.32

そして、恒例のビアフライトー!
木の板にチョークでどのビールかが書かれています
本当は8種まで載る板なのですが、全部飲みたい!とわがままを言って無理やり9種載せてもらいました

ブラウンエール美味しかったなぁ

2014-06-13 16.27.17

ゆったりとしたソファー席などがあつらえられていて、とても心地の良い空間
夕方のよい時間でしたので、店内も賑わっておりました

 

2014-06-13 16.40.11

そんな中、

まったり店内を見回しつつ、だらだら飲んでいると、衝撃的なTシャツを着た女性を発見!!
「愛狂います」と書かれたそのTシャツの女性をつい見つめていると、さすがに視線を感じたのか目が合い、その瞬間、彼女が微笑んで私たちに近づいてくるではありませんか!

え?!
日本人だって気が付いたのかな??などと、どぎまぎしていると、彼女が私に向かってこう言いました

「Watering Holeの店長さんですよね?」
「私はあなたのことを知っています!」

え?!!日本語??しかも私のこと知ってるの??!
そんな驚きで軽くパニック

どぎまぎする私をよそに、彼女は更に続けました

「私、前に日本に行ったとき、お店に行きました!」
「とてもかっこよかったので覚えています」

えー!!
何それー!!

……ん?……あ!!
そういえば、以前友人が連れてきてくれた外国人カップルに似ているなぁ…とその旨を伝えると「そうです!彼の友達です!!」と満面の笑顔で返事が返ってきました

というわけで、アメリカでまさかの再会!!

わーわーわー!!
2014-06-13 16.43.34

スタッフとして働き始めたばかりだという彼女の旦那様も合流
もちろん彼とも久しぶりの再会!!

日本語を勉強中だという彼女と話をしつつ、皆で楽しいひと時を過ごせました!!

このご縁をくれた だっちょさん、ありがとうございます♪

2014-06-13 17.34.22

この10月に日本にまた来るそうなのだけど、調度渡米中なんだよなぁ…
日本での再会叶わず、ちょっと残念…

でもまたどこかで会えそうな気がするなぁ♪

 

一行は懲りずにまた大きな酒屋に立ち寄り…
これでもかとビールを買い足していくのでした…

 

夕方、この日の最終目的地近くのホテルにチェックイン

最終目的地は大の人気店!
中に入るのに時間がかかるから、と荷卸しチェックイン組と順番待ち組に分かれました

私は運転もあったので、チェックイン組
もう既に山盛りのビール達を2人で運び出しました…(笑)

2014-06-13 19.54.34
これでもほんのごく一部w

ホテルからタクシーを頼もうとしたら、金曜日の夜ということもあって、到着するのに時間がかかるとのこと

まだ外も明るかったので、40分ほど歩いて目的地に向かうことにしました

2014-06-13 20.19.312014-06-13 20.25.08

調度きれいな夕暮れ時
(と言っても、20時過ぎなんですけど!)

連れと、ホクホクしながら目的地に向かいました

2014-06-13 20.30.03

工場地帯の一角?にそこはあります

怪しい人形がお出迎え!!

2014-06-13 20.38.08

インディアナのカリスマ・ブルワリー!!
じゃじゃーん!!

2014-06-13 20.38.222014-06-13 20.38.58

THREE FLOYDS Brewing

2014-06-13 20.39.142014-06-13 20.39.25

普段は2時間の待ち時間は当たり前だとういうこちら
だから二手に分かれたのに、30分も経たずに中に入れたんだとか!

時間も21時近かったですし、早い時間に来た人たちが調度帰る時間だったんですね!
ラッキー♪

2014-06-13 20.39.29

待機組にならって、まずはフライト!!
ここでは決まったテイスターセットが出てきます

ここぐらいじゃないかな、好き勝手に飲み食いしたのは(笑)

こちらのビールは、革新的でも奇抜すぎず、
“Not Nomal”の信条そのものに、素敵なビールを生み出し続けています

2014-06-13 20.47.01

たくさんこの日は飲んだのですが、中でもTAP ROOM限定のSuebi DooというアメリカンPale Aleと、Back Maskingというオートミールスタウトがお気に入りでした!

2014-06-13 20.47.17

さすがに全種は飲みきれなかったけど、飲みたいものは全部飲んだ!!
ゲストビールもそれはそれは魅力的でしたが、せっかくなので3 Floydsに専念

2014-06-13 20.59.27

 

夕飯にはつまみとしてこの旅でお気に入りとなったベーコンチップののったポップコーンと
フレンチフライ

2014-06-13 21.26.12

私はプルドポークのバーガーをチョイス!!
これがまた、肉厚ジューシー!!

2014-06-13 21.30.302014-06-13 21.33.32

あっという間に平らげました(笑)

 

私たちの席はお店の一番奥
ブルワリーの一部が覗ける窓が備え付けられており、飲みながら中を見学することが出来ました

2014-06-13 22.21.33

調度、ミリングをするブルワーさんがいたので、何気なく観察
下の吸い込み口にモルトを入れると、ホースを伝ってミルに運ばれる仕組みみたいです

画期的で効率が良いなー、
あれならそんなに重労働も必要ないし、楽そうだなー
あ、ブルワーさんの腕、たくましくて好みだなー

なんて、眺めていたのですが…

2014-06-13 21.41.12

ん?

実はイケメンでは!!

見るうちに、いろんなポイントが私のツボで
「あのブルワーさんカッコイイ!!めっちゃタイプ!!」
とお酒の勢いも手伝ってはしゃぎだす私

そして、軽くストーカー状態になり、写真を撮りまくる私に、大笑いする皆
憧れの先輩を追いかける中学生のごとく、彼の一挙一動にウキウキ
がん見し過ぎて目があったり、一人できゃぁきゃぁ言っておりました…

「こんなテンションの のんたん、初めてだ(笑)」
と皆に言わしめる始末

 

どれだけ撮りまくったかというと、こんな感じ↓↓

PhotoGrid_1410680788698
(あとから見返して、彼の写真の多さに自分でも笑いましたw)

 

我ながら妙なテンションになってしまい反省
調度ブルワーさんの仕事もひと段落したようで、視界から消えてしまいました

しょんぼりしながらも、落ち着きを取り戻すために店内を探検

2014-06-14 00.25.012014-06-14 00.25.15

テーブル席には余裕が多少あったものの、カウンター席はさすがに満席!!
二人がかりでビールを注いでいました

2014-06-13 22.58.062014-06-14 00.25.45 2014-06-14 00.25.55
2014-06-14 00.26.072014-06-14 00.26.472014-06-14 00.27.00

飾ってあるものもいちいちカッコイイ
思っていたよりも店内はそこまで広くなく、割合ゆったりと席が配置されているイメージでした
ここが忙しいとぎゅうぎゅうになるのかな…

マーチャンダイズは思っていたよりも少なかったけれど、パーカーとTシャツをGET!!

席に戻り、持参した日本酒を渡そうと、スタッフに声をかけると

「ちょっと待ってね、ブルワリーの人間を呼んでくるわ♪」
とブルワリーに消えて行ったお姉さん

 

すると!
何と先ほどまで観察……基、見学していたブルワーさんが出てきてくれたではないですか!!

キャー!!!!!!!!
間近で見ても、超タイプです♡

2014-06-13 23.02.02

Kenさんと名乗った彼は、夜勤のブルワーさん
ブルーマスターや責任者はすでにお帰りになられたとのことでしたが、私にとっては充分ですっ!!!!

「お近づきに慣れて嬉しいです!!一緒に写真撮ってください!!」
と、図々しくもアピール
早速購入したばかりのパーカーを羽織り、ツーショット♪

おののく彼を勢いで巻き込む私
爆笑したり、呆れる同行者

しかしながらこの日一日中すっぴんだった私…
何でこんな時に……この時ほど自分の怠惰さを呪いましたよ…

ガツガツする私に、優しく丁寧に返答してくれるKenさん
とってもいい人だったなぁ…♡

「では、まだ仕事が残っているので、時間が許せばまた後で!」と颯爽と去っていきました

名残惜しく見つめていると、ふと彼が出入りしているブルワリーの入り口のドアに目が…
ステッカーだらけだなぁ…

2014-06-13 23.57.03

ダメもとでお姉さんにお願いしてみると、
「いいわよ!もちろん!」と言って貼ってくれました!!

何と、3FROYDSでもマーキング成功\(^o^)/

2014-06-14 00.00.062014-06-14 00.00.35

これでKenさんにも毎日見てもらえるかな?
なんて♡

2014-06-14 00.00.25

ここのステッカーには、来た日付とサインを入れてきました!!

2014-06-14 00.26.21

閉店ギリギリまで居座り、帰りがけに再びKenさんが出てきてくれました

すると、「せっかく来てくれたし、日本酒のお礼にコレ持っていってよ!」
ドドーンと3箱もビールをくれました

ふ、太っ腹すぎる……!!
嬉しさのあまり一同大興奮!!!!

どさくさに紛れてちゃっかりKenさんにお礼とお別れのハグ♡
あぁ、また会いたいなぁ…

2014-06-14 00.12.24

しかし、このビール達がのちのトラブルの元となるのですが、この時は知る由もなく……
るんるん気分でタクシーで帰舎したのでありました

2014-06-14 00.38.28

この旅一番の変なテンションを見せた私
こんな姿、めったに見せないんだからね!!

素敵な再会や出会いのあった最高の一日でした!!
アメリカにいられるのもあと2日

残りの旅も良いものとなりますように…

 

6日目に続く…

___________________________

★twitter→Follow us!!
★facebook→Click! [Like]

nontan

細々と別Blogを始めさせていただきました
TRANSPORTER BEER MAGAZINE BLOG [NONTAN]


Journey around Chicago③Day4


皆様こんにちは
店長のんたんです

のんびりと毎日を過ごしていたわけではないのですが、帰国からあっという間に2ケ月…そして3ヵ月が経とうとしています
いつになったら「シカゴの話」をするの?と言われましたので、ようやくお話させていただこうかと思います

前回・前々回と読んでくださった方達から
「一緒に旅している気分になる」とおっしゃっていただき、書く甲斐があります
本当にありがとうございます…!!

正しく私が目指しているところ!
駄文ではありますが、少しでもこの旅を共有できるように書かせていただいています
このあとも一緒に旅をしていただければ幸いです

1日ずつが濃密でしたので少々長めですので、お時間のある時にでもどうぞ♪

①1&2日目の話
Journey around Chicago①Day1&2

②3日目の話
Journey around Chicago②Day3

全5回の予定です

それでは、4日目のスタートです

—–

アナーバーで宿泊したのはかなり立派なホテル
ドアマンもいるし、ベルボーイもいる
フロントにはレモン水も常設されて、廊下はふかふかのじゅうたん張り

旅をすることが多い私ですが、高級ホテルに泊まることはそうそうないので、地味にテンションが上がりました

朝食の会場はホテルのレストランバー
タップハンドルを見つけて、はしゃぐ一同

2014-06-12 08.55.272014-06-12 08.34.34

前回もさらりと触れましたが、アナーバーは学校の街
州立大学の名門校・ミシガン大学の本部があるので、学校の主要施設がぎゅぎゅっと固まっているわけです

2014-06-12 08.55.44

我々の出発時間にはたくさんの学生が登校してくるのを伺えました
この学校関連の施設も、建物を眺めるだけでも楽しかったです

 

 

2014-06-12 10.29.45

レンガ造りの街並みを抜け、いざ出発!!

この日の移動距離は、この3日間に比べると移動距離は少な目
出発してから2時間ほどで第一目的地に到着
それでも2時間って、結構走れますけどね(笑)

Dark Horse Brewing

2014-06-12 10.44.03

ビールの評価サイトRatebeerにおいて、2013年にBest Brewesに輝いた実績もあるブルワリーです

オープンの時間よりちょっと早く着いてしまい、時間を少し持て余したので、まずはお店の周りをうろうろ探索することにしました

2014-06-12 10.45.562014-06-12 10.46.11

エントランスやそこかしこに飾ってあるものが素敵!
ロゴを模した鉄看板も細かい線まできれいに切ってある!

2014-06-12 10.46.21

ステージ付の中庭には、専用のバーカウンター(もちろんTAP付!)もあり、気持ちよさそう!
様々なイベントも行われているようです

2014-06-12 10.50.24 - コピー

自転車止めも、よく見ると自転車の形!

2014-06-12 10.51.24

お店周りの探検も終了し、オープンと同時にお店に入りました
私たちだけかと思いきや、続々とお客様が入店し、あっという間にお店はいっぱい

中に入ってまず驚いたのが、天井に所狭しとかかっているマイマグ達!!

2014-06-12 11.02.51

どうやってこの中から自分のマグがわかるんだろう…と思っていたら、しっかりと番号管理されており、店員さんにメンバーズカードを見せるとと探して持って来てもらえます
超常連と思われるおじさんは「俺のはココだ、取ってくれ」と店員さんを呼んでいました(笑)

 

次に目に入ったのがこの水槽!!タンクが沈んでいて、魚たちの棲み処になっているんです

2014-06-12 11.03.10
2014-06-12 11.50.562014-06-12 11.51.10
小さなケグが転がっていたりして、芸が細かい(笑)
お魚も毎日ブルワリー探索をしてるんですね

 

早速ビールを注文しようとお得意の「フライト」があるか確認したところ、
ビールはパイントサイズのみ!

実に潔い営業姿勢に感服です

2014-06-12 11.05.41 2014-06-12 11.05.53

皆でそれぞれシェアしながら飲みました
中でもインペリアルスタウトがとっても好み!
美味しかったなぁ

2014-06-12 11.37.462014-06-12 11.51.47

気になるフードメニューがあったので頼んでみたところ、凄いボリュームの料理が出てきました!
こういう日に限って、朝ごはんしっかり食べてるのに(笑)

2014-06-12 11.24.10

グレイン入りの自家製パンに、チリがたっぷり詰まっていて、蓋となるパンにはチーズがぬってあります
これがまた美味しい!!
チリにもビールが使ってあるみたい

結局お腹いっぱいといいつつ平らげました(笑)

 

調度お昼時ということもあってか、店内はランチを楽しむ人たちであふれかえっておりました
ピザオーブンも何台もあるし、サンドイッチが人気なのか皆わしわしとほうばっておりました

ビールもパイントだし、本当にお腹一杯…

だらだらと店内を見回すと、やはり職業病ゆえサービングに目が行きます

2014-06-12 12.15.282014-06-12 11.51.25

おそらくビールは工場から直接パイプを辿ってタップに来ている様子
ラインが長いのにきっと冷やされていないからでしょうか、
フォーセッツから出るビールが泡だらけで、注いでるお姉さんが凄い苦労していたなぁ
ロスが多そうだけど、改善しないのかな…なんて、話したりしておりました(笑)

特にマグは中身も見えないし、余計に泡立ちそうだし、どうしてるんだろう??
(ホールスタッフのお姉さんたちは気にせず豪快にビールを注ぎ続けておりました)

2014-06-12 12.17.16

お手洗いを済ませてw、お店の向かいに…

2014-06-12 10.45.05 - コピー

ここはオリジナルグッズのショップとホームブリューショップとスケーターズグッズのお店!
多彩なマーチャンダイズと豊富なホームブリューグッズ、そしてなぜかスケートボード

2014-06-12 12.39.462014-06-12 12.40.04

ビール関連のグッズが所狭しとお店の中におかれている中、スケボーが並んでいて面白い空間でした
うちのスタッフ・CAZZにはたまらないお店かもしれませんね

 

お腹いっぱいの一行は次なる目的地へ

2014-06-12 12.48.57

走ること30分
想像以上に大きい建物がそびえ立っています
2014-06-12 13.23.27

Bell’s Brewery

2014-06-12 13.24.582014-06-12 13.25.03

2012年に新設されたばかりという新工場
きれいなエントランスに既に興奮気味
建物のドアがタップハンドル!!
ケグの植木鉢もある!!

入り口はオートロック
この日はアポがあったので、その方を内線で呼び出します

2014-06-12 13.25.54
中目黒タップルームのスタッフさんが、ここBell’sのスタッフとお知り合いとのこと
代わりにアポを取ってくれたさかもっちゃんが「I’m Hisayo!」と言っているところ

そして颯爽と現れたのが彼、Johnさん
2014-06-12 13.38.25
オペレーション・デレクターというとても偉い方、
そしてイケメン!!

 

この日はAHA(American Homebrewer Associationの略)メンバーのブルワリーツアーもあったそうなのですが、特別にプライベートツアーをしていただけることに!!

ブルーハウスのあるこの空間は、まるで古き良き日本家屋の様
聞くとやはり、日本の蔵や木造建築を参考にしたそうで、初めて来たにも関わらず、何だか懐かしい気分になるとっても落ち着いた空間でした

2014-06-12 13.30.29 2014-06-12 13.39.06

 

まず案内されたのはモルト庫

2014-06-12 13.41.34

人物の大きさの対比からわかると思いますが、とんでもなく大きいタンク
この中には既にミリングの終わったモルトが入っています

ミルは地下にあり、埋め込んであります

2014-06-12 13.42.16 2014-06-12 13.42.35

トラックがやって来て、そのままこの中にザラザラーっとモルトを流し込むと、下のミルに落とし込まれそのままミリングされたものがタンクに運ばれます
労力のかからない画期的なミリング!

2014-06-12 13.43.59 2014-06-12 13.44.33

少量しか使わないモルトに関しては、小型のミルを使います
(といっても、1袋1t単位なんですけれどねw)

 

もちろんこれだけ大きな規模の醸造所ですから、すべての醸造はコンピューター制御によるオートマティック

2014-06-12 13.54.51

レシピを入れると自動的に開始され、この画面ですべての行程を監視できます

 

次に案内されたのはホップ庫
うちのお店ぐらいの広さがあるんじゃないか、ってぐらいの大きな冷蔵室
2014-06-12 14.01.24 2014-06-12 14.01.42

ここで管理されたホップは、ホップバッグの代わりにこの機器を使います
この釜の中をビールが通ることで、ドライホッピングの代わりになります

2014-06-12 13.51.06 2014-06-12 14.01.55

掃除の手間も省けるし、コントロールしやすいのだとか

 

案内されてびっくりしたのはこの木製オープンファーメンター!
大きな桶が3台も!

2014-06-12 14.05.01-2

2014-06-12 14.12.19 2014-06-12 14.17.14

「この桶の材質は何ですか?」と質問をしたら、聞いたことのない単語
ハテナ顔をしていたら、わざわざiphoneで調べてくれました

2014-06-12 14.14.17

Cypress サイプレス
セイヨウヒノキと呼ばれる、ヒノキ科の常緑高木・イトスギのこと

2014-06-12 14.16.59

耐久性があるとは言っても、かなりの厚みがありました
2014-06-12 14.14.37
覗き込んでたら、笑われました(笑)

 

もちろんステンレスの大型ファーメンターもあります

2014-06-12 14.05.42 2014-06-12 14.09.16

ちなみに、ファーメンターの下はこんな感じになっています

2014-06-12 14.26.58

大きすぎて、もう何が何だかです(笑)

 

以前使用していた設備も現役なようで、小ロットのビールを仕込むのに使用しているそう

2014-06-12 14.19.43

昔使っていたと思われるコントロールパネル
すごーい!ハイテクー!と言ったら、

2014-06-12 14.19.242014-06-12 14.20.22

ハイテクに見えるけど、実はこんなにアナログだよ
と言って基盤をパカッと開けて見せてくれました(笑)

2014-06-12 14.21.38

「これは日本製で良い働きをしてくれてるよ」
と見せてくれたのは、イーストタンク

そして何やら騒がしいな、と思ったら、ブルワーの皆さんで遠心分離機を修理中

2014-06-12 14.22.26

お疲れ様です

 

ところどころにバレルが積んでありました
これはどこに行っても見かける光景
トレンドをうかがえる一幕でした

2014-06-12 14.21.25

小さなファーメンターも健在
手前の大きいタンクはイーストタンク!

2014-06-12 14.23.50

 

最奥にはとーっても大きなフィリング工場がありました

2014-06-12 14.25.17 2014-06-12 14.31.51

そのさらに奥にはバレル庫が!
使用待ちのバレルと中身のたっぷり詰まったバレルとがみっちり並べられていました

2014-06-12 14.32.22

5L缶!
これらはサンプルですが、普通に流通しています
2014-06-12 14.34.06
これは可愛い!!

 

樽の洗浄、フィリングも全自動!
これは見ていて飽きなかったー

2014-06-12 14.51.03

ボトリングラインではシーズナルの「Oberon Ale」が大量生産中!!

2014-06-12 14.59.29

全てが効率的な大工場でした

 

最後にはラボも見せていただきました

2014-06-12 15.11.19

きれいな従業員用のラウンジもあり、福利厚生の良さを伺えます

2014-06-12 15.14.48

なんと気持ちよさそうなテラス席もありました

2014-06-12 15.14.57

 

「We’re growing」
成長し続ける勢いのある会社だということをひしひしと感じる工場見学

2014-06-12 15.27.44 2014-06-12 15.27.57

こんなに掻い摘んでも濃密で、書き足りないこともたくさんあるぐらい隅々まで見学させていただきました!!

2014-06-13 15.27.03

最後に皆で記念撮影♪
Johnさん、お忙しい中、本当にありがとうございました\(^o^)/

 

さて、
ビールについて学んだ後は、しっかり復習しないといけませんよね
っということで、街まで戻ってBell’sのTaproomへ♪

復習大切!!
2014-06-12 15.58.59 2014-06-12 16.00.17

かなり個性的な店内
店員さんもかなり個性的でカッコイイ!!

2014-06-12 16.01.09 2014-06-12 16.15.02

見ていて飽きないカウンタの中の装飾品…
トレジャーハンターの隠れ家に来たみたいな雰囲気です

やはりこの旅の定番、フライト!
Bell’sは何と6種類も好きなビールを選べてしまいます

2014-06-12 16.18.35  2014-06-12 16.19.58 2014-06-12 16.20.032014-06-12 16.19.54

手分けして書きだすだけでも大変…
Bell’sでもやはりダークエールが好み
「Kalamazoo Stout」美味しかったなぁ♪

料理のカウンターの番人は豚さん
料理を頼むとポケベルが渡されるので、どこに居ても出来立てをセルフで受け取りに来ることが出来ます
広い店内ならではのシステムですね

2014-06-12 16.00.35

気持ちの良い中庭\(^o^)/

2014-06-12 16.45.30 2014-06-12 16.46.12

もちろん、外でビールを楽しむことも出来ます
この日は暑すぎて断念しましたが…

内装もところどころ可愛くてツボ

2014-06-12 16.49.20 2014-06-12 16.50.30

次の運転当番は私だったので、味見程度しか飲むことが出来なかったけど…お店の中を探検して満足

カッコ良かったなー

近くにはホームブリューショップを兼ねったお土産屋さんもありグッズも充実しています!

2014-06-12 17.10.44 2014-06-12 17.11.13

一同、大満足で出発!!

 

車で約1時間
次なる目的地はこちら

2014-06-12 18.44.58 2014-06-12 18.45.07

Brewery Vivant

2014-06-12 18.46.19 2014-06-12 18.46.48

教会を改装したブルワリー…とばかり思っていたら、実は…葬儀場だったそうなのです!!
※情報提供元は同行者のりょう君、大元のネタはこちら

ブルワリーのホームページにもきちんと書いてありましたね
事前に調査するまもなく、旅行行程を丸投げして渡米したので、帰ってきてから知ることもたくさんあります(笑)

 

とは言え中はかなり開放的
この日はAHAのイベントもあり、店内はぎゅうぎゅう
外のテラス席にも人がたくさん!!

2014-06-12 18.47.24 2014-06-12 19.20.45

このカウンターは、反則だよねー
ステンドグラスとグラスがキラキラ光を放って、素敵な空間を作り出していました!
カウンタースタッフはなかなか厳ついお兄さんがいたので、雰囲気はだいな(ry

 

ビールはやはり、テイスターサイズで全種類!
とはいえ、一つずつの量がそれなりにあるので酔っぱらいます

2014-06-12 19.05.49 2014-06-12 18.51.42

ここのブルワリーのスタイルとして、インスピレーションの多くはベルギー南部とフランス北部の田園地帯に点在する小さな醸造所から来ています
その為、作り出されるビールも伝統的なベルジャンスタイルのものばかり
テイスターグラスが丸っこくて可愛らしいです

素朴な味わいが多いなか、シーズナルビールの「Zaison」というImperial Saisonがお気に入りでした

 

なぜか自転車が飾られていたり…見れば見るほど不思議な空間…

2014-06-12 19.20.17  2014-06-12 19.21.00

時間も良い感じに過ぎており、夕飯はここでがっつり取ることに!

2014-06-12 19.37.27 2014-06-12 19.37.41 2014-06-12 19.37.50

ベルジャンと言えば、フリット!
大好物!
ここのは手切りなのか皮つきで美味しかったです

チーズソース・プレッツェル!
各所で食べ歩きましたが、ここのプレッツェルは揚げてありヘヴィー…

スープは優しく癒される味でした

 

私はがっつりステーキサラダを!
2014-06-12 19.39.11

野菜もお肉もボリューミーで大満足♪

お腹いっぱいになったところで、
またもやこの後運転役、ということで、ビールは味見程度
まったり飲み進める一行を尻目に、暇なので館内をウロウロすることにしました

ブルワリーは離れにあって、外から眺めることが出来ます
外観を撮ろうとしたのですが、目の前がブルワーさんやホームブルワーの方たちの関係者席になっていたので、断念
手近なタンクだけ激写w
2014-06-12 20.19.59
これじゃぁ、何なんだかわかりませんね

写真を撮りつつ彼らの様子をうかがっていたところ、
この日、とあるブルワリーのパーカーを着ていたのですが、

「ここ新しいところだよね?行ったの?」
「どういうビールだった?美味しい?」
「あ、俺そこのブルワリーの人知ってるー!君も知り合い?」
「え?日本人?わざわざ来たの?」

とたくさん質問攻めに遭いました(笑)
(ちなみに着ていたのはサンディエゴの新しいブルワリーのパーカーで、頂き物ですw)

皆様の好奇心には感心致します

 

ブルワリーと教会ホールの間には更にバーカウンターが!!
(テラス席が全開で、そこ向けに開放されたバーカウンターのようです)

2014-06-12 20.18.50

そして何より面白かったのが、お手洗い

2014-06-12 18.50.33

受け皿がなくて、下の板が鏡側に斜めになっており水が鏡の下に吸い込まれていくのです
これはかなりびっくりしました

 

昔の佇まいを書いたと思われる絵も飾られていました
(私が写りこんじゃって、見にくいですが…)

2014-06-12 20.23.00
今思えば、教会というよりもほの暗い感じがただよっているような…

一通りの探検を終えて席に戻ると、一人がギブアップ(笑)
「このあとは運転するから、代わりに飲んでください…」
とお願いされてしまったので、飲み手と運転手を交代!ということでガシガシ飲まさせていただきました

それぞれが適度にアルコール度数が高かったので、ふわふわと良い気分
時間も押していたので、少しピッチを上げて飲み干し、次の場所へと向かうこととなりました

 

この日の宿泊はグランドラピッズ!
もともとは家具産業で発展し、「家具の街」と呼ばれる、ミシガン州の中ではデトロイトに次ぐ大きな街です

芸術面も大変盛んで、美術館やパブリックアートが点在していて、街自体が近代的でとてもきれいでした

我々ビール飲みにとっては、グランドラピッズは天国!
アメリカの各都市の中でも、ブルワリーやブルーパブ、ビアパブが密集した地域でもあるのです!!
調度AHAのイベント真っ只中で、街中大盛り上がり!!

ということで、ホテルで少し休憩した後、さっそく夜の街へ

まず向かったのがこちら

2014-06-12 22.18.33

 

Founders Brewing

2014-06-12 22.26.58 2014-06-12 22.27.30  2014-06-12 23.32.31

輝かしい受賞歴と、その確固たる上質なビールの造り手
私も過去にお土産で頂いたこちらのビールのきれいさに驚愕したものです

2014-06-12 22.32.55

店内が暗かったので、とても写真向きではありませんが…

「All Day IPA」は私が衝撃を受けたビールの一つ
そのダークエールverが「All Night Black IPA」
ウィットも効いて、おいしいビールでした

ここのビールは何を飲んでも野暮ったくなく、洗練されたきれいな味がします

2014-06-12 23.35.52

 

メインのカウンターとは別にサブカウンターもあり、メインでは出ていないビールも繋がっています

2014-06-12 23.36.042014-06-12 23.36.12

こちらのサブカウンターに出ていた「Supremo Moutain Brown Ale」がめちゃくちゃ美味しかったです!!
コーヒーフレーバーの程よい、ドリンカビリティの高いブラウンエール!!
こんなビールが日本でも飲みたい…!!

 

ステージではLIVEも始まり大盛り上がり!!

2014-06-12 23.37.30

そんな最中、相席した隣の席のおじ様に声をかけられました

「もしかして君、昼にBell’sにいなかったかな?」
「実はブルワリーツアーに参加した時に君を見かけて、とてもよく覚えていたんだ」

と!!!
何ー!!!?

よくよく話を聞くと、我々が帰るときに確かにBell’sでAHAツアーとすれ違っていたのですが、
アジア人で珍しいし、その日私の着ていた「Fire Stone Walker」のTシャツが印象的だったのだとか…
この日着ていたもので話しかけられるの2度目なんですけど(笑)

彼らはホームブルワーで、我々にとても興味をもってくれました
ビールを分けてくれたり、UNTAPPDというアプリの話で盛り上がり意気投合

とても愉快な人たちでした
2014-06-12 23.59.57

この日の服装に感謝
(選んだのは自分自身ですけどね 笑)

2014-06-12 23.39.31

とにかく気持ちの良い夜だったのですが、特にバルコニーの雰囲気が最高!!
こんな場所でこんな美味しいビールを飲みながら、ダラダラ過ごすなんて最高だろうなぁ…
ぜひ、近所に欲しい…

2014-06-12 23.58.14 2014-06-12 23.58.40

どうしても設備だけチラ見したくて、次へと向かう皆から離れて外から少しだけ覗き見
パッと見る限りでも広くて清潔!

2014-06-13 00.13.32 2014-06-13 00.13.39

この後、先を行く皆に急いで追いつこうと近道へ
バルコニーから外に続くゲージを開けたらけたたましい警報が鳴ってしまい…警備員さんに怒られました…
ドアマンのお兄さんも苦笑い…すみません…
急がば回れ、ですね
ご迷惑をおかけいたしました…

 

そして、徒歩10分ほどでこちらに到着

2014-06-13 00.22.31 2014-06-13 00.22.21

HOP CAT

RatebeerやBeer Advocateでもいつも上位にいる名門ブルーパブ!!
何か所かにお店を構えているようです

名前がまずキャッチ―なのと、看板がとってもかわいい!!

 

こちらも店内ぎゅうぎゅう

2014-06-13 00.23.46 2014-06-13 00.23.59

アンティークな佇まいのお店の内装は、居心地が良い雰囲気
物語の一編に出てきそうなおしゃれな空間です

2014-06-13 00.24.08

ゲストビールが豊富なことでも有名で、この日は祭りということもありびっくりするようなラインナップだったのですが、せっかくなので自家醸造ビールをいただきました

2014-06-13 00.27.32 2014-06-13 00.27.49

「Lyemon Lyavender Pale」は石鹸?を飲んでるような強い香りw
「Red Nymph」はBrown Sourで心地よい酸味♪「AHA IPA Collaboration with Primetime」というのもいただきました

その他には時間の関係で行けなかった、「Short’s Brewing」のビールも各種いただきました!

2014-06-13 01.54.52 2014-06-13 01.55.34

設備は店の奥にあり、かなり小さな規模で醸している様子
パブだけでまかなうならば、このぐらいの大きさで充分なのかなぁ

あまりに居心地が良かったのと、Foundersで出会ったおじ様達に再会したのとで、閉店ギリギリまで居座り、照明を明るくされてしまいました(笑)

2014-06-13 01.57.48

2014-06-13 02.00.04

ホップキャット、素敵なお店でした!!
こういうパブ、いいなぁ

 

この日は満月
とっても素敵な月夜でした
月光浴をしながら、ホテルへと帰るのでした

2014-06-13 02.12.49

グランドラピッズ、本当に良い街で、あちこち回りきれなくて本当に残念
また来たいなぁ!!

 

疲れが徐々に蓄積されていく一同
明日以降も元気で過ごせますように

 

5日目に続く…

___________________________

★twitter→Follow us!!
★facebook→Click! [Like]

nontan

細々と別Blogを始めさせていただきました
TRANSPORTER BEER MAGAZINE BLOG [NONTAN]


Journey around Chicago②Day3


皆様こんにちは
店長のんたんです

のんびりと毎日を過ごしていたわけではないのですが、帰国からあっという間に2ケ月…そして3ヵ月が経とうとしています
いつになったら「シカゴの話」をするの?と言われましたので、ようやくお話させていただこうかと思います

本当にご報告が遅くなりました……すみません、すみません!!
大変長らくお待たせいたしました!

1日ずつが濃密でしたので、数日に分けて書かせていただこうかと思います
少々長めですので、お時間のある時にでもどうぞ♪

前回はこちら→「Journey around Chicago①Day1&2

それでは、3日目のスタートです

—–

2泊お世話になったホステルを朝早くに出発
この日も超ロングドライブの始まりです

最初のドライバーは私

欧米の日差しは日本よりも強い為、サングラス必須!!
この日は太陽に向かって走っていた為、サングラスを着用したところ助手席で爆笑している人が…

そんなに面白いかね、私のサングラス姿は

2014-06-11 16.28.48

ずーっとフリーウェイをひた走り、給油も兼ねて立ち寄った朝ごはん兼昼ごはんは、なぜかマクドナルド

サービスエリア的な立ち位置なのか、フリーウェイを走っていると山の中に定期的にガソリンスタンドはもちろん、ファーストフードやレストラン、コンビニが出現します
食べられるときに食べておかないと、ということでファーストフードでのご飯と相成りました

ガス欠は本当にシャレになりませんからねー!

我々のガソリンも満タン!
ボリューミーすぎてお腹パンパンです

2014-06-11 10.59.03

運転を交代して、この日の運転当番は終了!

車に乗っている時間が長いので、移動中は必然的に空を眺める時間が多くなります

2014-06-11 11.56.51

それでも、流れる雲の動きが早いので、見ていて飽きません

私が3時間以上運転したにも関わらず、更に走ること3時間!

 

ようやく、この日の第一目的地に到着!

2014-06-11 13.59.57

Kuhnhenn Brewing

2014-06-11 14.00.10

数々の賞を受賞している実力派です!

※最近記録的な大雨で作業場が被害に遭われたとか
「大したことないよ~」とSNSなどでは言っているのですが、心配ですね

 

調度作業中(おそらく清掃中)

2014-06-11 14.01.332014-06-11 14.06.22

小さな設備もずらりと並んでいます
テストバッチというよりも、本当にこの規模で自由に仕込んでいるようです

2014-06-11 14.06.05

だからなのか、
とにかく液種が多い!

2014-06-11 14.10.122014-06-11 14.10.22

ということで、全種は叶いませんでしたが、飲みたいものをピックアップしてフライト!

2014-06-11 14.11.112014-06-11 14.11.52

派手さはないものの、それぞれがドリンカブル
ホップの効いたものよりも、濃色のビールの方が好みでした!
(もともと濃色系ビールが好きですが、特に)

店内は明るく開放的で、コの字型のカウンタの周りに常連さんがわいわいと
とても気持ちの良い空間でした!

プロダクトデザインが上品で好み!
もうちょっとグッズ買ってくれば良かったかな…

2014-06-11 14.29.132014-06-11 14.08.47

ビールだけでなく、ミードやワインも醸造していて、お土産に買うことも出来ます

 

 

2軒目はKuhnhennからほど近いこちら!

2014-06-11 15.30.07

Dragonmead Brewery

2014-06-11 15.40.26

ここも本当に液種が多い!!

2014-06-11 15.39.03

2014-06-11 15.39.132014-06-11 15.39.22

ビールだけでなく、こちらもミードを醸造していますし、ビアスタイルも各国のものを幅広く醸造しているので、本当にメニューが多岐にわたります
これでは、とりあえずの一杯を選ぶのにも迷ってしまいますね

 

ということで、
今回はアメリカンスタイルのビールに絞って、もはやこの旅恒例のフライト!!

しかし、これが今回の場合は仇に…

ここのテイスターは200ml×5
それを5台注文したのですが…ちょっとやりすぎました…

こんなに注文しても、まだメニューの半分!!

2014-06-11 15.55.07

フライトというよりも、もはやハーフサイズビールをだだだーっと並べたかのよう…
飲みきるのにだいぶ苦労しました(笑)

でもこのフライト専用の台が素敵で、飲みたいものを選ぶカードが刺さるようになっています

ここでは小腹が空いたので、フードも注文しました
コールドミートプレートと、ソフトプレッツェル&チーズディップ

2014-06-11 16.02.212014-06-11 16.02.29

ソフトプレッツェルとチーズディップの組み合わせはどこへ行っても見かけたので、どこへ行っても注文してみました
ここはチリが美味しかったです!!
ハラペーニョ大好き!!

2014-06-11 16.02.40

 

店の奥に、小さなタンクがずらりと並んでいました!!

2014-06-11 17.01.562014-06-11 17.01.43

2014-06-11 17.01.28 2014-06-11 17.01.31

お店の中は古き良きパブの佇まい

2014-06-11 17.04.51

タップハンドルがカッコ良かった!

2014-06-11 17.09.30

 

次の目的地へと向かう途中、評価が高いとされる酒屋さんに立ち寄りました

2014-06-11 17.38.442014-06-11 17.39.06
Cloverleaf Fine Wine

お店自体が半地下でCaveのようにひんやり
本当にお酒にとっては良い環境です

2014-06-11 18.15.20

ここではビールというよりも、ミードを購入しました!

 

そしてまた、空を眺めること数時間

2014-06-11 19.01.46

この日の宿泊地アナーバーに到着!!

3日目にして、この段ボールの山!!

2014-06-11 19.37.36

大学の街とも呼ばれるこの街は、学生と思しき若者がたくさん!
ホテルの目の前も大学の施設でしたしね

徒歩圏内に今晩の目的地は点在しています

2014-06-11 20.20.15

Grizzly Peak Brewing

2014-06-11 20.21.002014-06-11 20.21.51

1995年にオープンしたこちらは、フードにかなり力を入れているブリューパブの様

2014-06-11 20.24.37

1世紀くらい昔の建物で、壁はレンガむき出しで木の床
温かみのある独特の雰囲気で、とても居心地が良い空間

内装がいちいちツボで、きょろきょろしてしまうほど

2014-06-11 20.33.072014-06-11 20.33.16

ブリューパブというよりも、立派なレストラン

2014-06-11 20.25.24

そして、やはりここでも全種フライト!

2014-06-11 20.37.48

お腹が空いたので、各自フードをオーダー
美味しそうなメニューがずらりと並んでいるのですが…

2014-06-11 20.24.31

「ここではバーガーを食べておけ!!」
と聞いていたので、
Grizz Bargerにマッシュルームソテーとスモーク・ゴーダチーズをプラス!

2014-06-11 20.56.362014-06-11 20.58.18

かなりボリューミーでしたが 、旨味溢れる逸品でした
もう本当にお腹ぱんぱん!!

2014-06-11 21.34.03

お店の外から見える小さな設備を発見
お店で賄える量ならば、このぐらいの設備でちょうどいいのかな?

 

徒歩5分で次なる目的地に到着

2014-06-11 21.36.02

 ARBOR Brewing

2014-06-11 21.36.342014-06-11 21.36.30

こちらもミシガン州の法律でブリューパブ解禁になった1995年に開業とのこと
小さく始めたにも関わらず、今ではかなり生産量を増やしているらしい

カウンターはぎゅうぎゅう

2014-06-11 21.36.542014-06-11 21.37.27

そしてずらりとマイマグがぶら下がっています

お店の真ん中にブルワリーがあります
時間が遅かったので、真っ暗でしたが(笑)

2014-06-11 21.39.26

恒例の全種フライト!!

2014-06-11 21.52.18

2014-06-11 21.42.202014-06-11 21.42.33

お腹がいっぱいなのと、疲労と眠気が襲いかかり、この辺りから、一同の疲労具合がMAXに…
ここでは必要以上にだらだらと過ごしてしまいました

 

そして、この日最後の目的地はこちら!

2014-06-11 22.50.11

Jolly Pumpkin Artisan Ales

2014-06-11 22.50.292014-06-11 22.49.56

ビールのアーティストといっても過言ではない、素敵なビールを生み出すブルワリー!!

2014-06-11 22.53.13

3階建てのカフェはとっても開放的かつおしゃれ!
シックなカウンターでだらだらとジョリパンのビールがいただけるなんて、素晴らしい

大人数なのと、営業時間の関係で2階に案内してもらいました

2014-06-11 22.53.38

壁にはエチケットにもなっているアートワークが飾られています

2014-06-11 22.55.10

2014-06-11 22.55.14

コースターもかわいい♡

2014-06-11 23.03.51

この日、ジョリーのビールは4種だけで、あとはゲストビールでした

2014-06-11 23.06.282014-06-11 23.06.44

もちろんここでもフライト
日本じゃ考えられないくらいの安価で美味しいビールが飲める幸せ♪

2014-06-11 23.21.33
余韻に浸る間もなく、買い物!!
お店への到着が遅くなったため、一度締められてしまったグッズ売り場を特別に解放してもらいました
迷惑な客で、本当にすみません…

担当のお姉さま方には大変ご迷惑をおかけいたしました
閉店時間をやや過ぎてしまい、ほろ酔いで街を歩きながらホテルへと

3日目にして、長距離移動と大量のビールの飲み疲れが出てきてしまった一同
(私は終始元気でしたけれどね♪)
さてはて、今後の旅の動向やいかに…

4日目に、つづく

___________________________

★twitter→Follow us!!
★facebook→Click! [Like]

nontan

細々と別Blogを始めさせていただきました
TRANSPORTER BEER MAGAZINE BLOG [NONTAN]


Journey around Chicago①Day1&2


皆様こんにちは
店長のんたんです

のんびりと毎日を過ごしていたわけではないのですが、帰国からあっという間に2ケ月が経ってしまいました
いつになったら「シカゴの話」をするの?と言われましたので、ようやくお話させていただこうかと思います

本当にご報告が遅くなりました……すみません、すみません!!
大変長らくお待たせいたしました!

1日ずつが濃密でしたので、数日に分けて書かせていただこうかと思います
少々長めですので、お時間のある時にでもどうぞ♪

—–

本当はヨーロッパに帰ろうと思っていたんです
長期でお休みを頂けるチャンス何て、年に1回あるかどうか!!

それなのに、
「のんたんならヨーロッパは一人でも回れるしいつでも行けるけど、今回は車じゃないといけないところに行こうよ!」
という誘い文句を頂戴し、うーんうーんと悩んだ挙句、誘われるがままにシカゴに行くこととなりました

行くことが決まったのは3月のはじめ
旅立つ日は6月9日となりました

何にも準備をしないまま迎えた当日
前夜にパッキングをしながら、スーツケースに顔を突っ込むようにして寝ていた私

待ち合わせには何とか間に合って、空港到着!!
2014-06-09 14.16.56

とりあえずこれだけは言っておこう

「成田が成田なう!」

2014-06-09 16.06.20

昔からターミナル駅や空港という空間が大好きです

旅立つ前のソワソワとした人波が好きです
飛行機の尾翼が大好きです

昔から苗字のせいで親近感は抱いていたからかもしれません(笑)

べたに、お寿司をかっ食らい、約12時間のフライトへ
直行便だった為、乗り換えなしでアメリカはシカゴ・オヘア空港に到着!!

早速、レンタカーを引き取り市内へ

と、思ったら…

空港からレンタカー引取所までのシャトルバスがセンサーが作動せずに入場できなかったり…
大型の車両を借りたはずなのに、なぜか2人乗りのセダンだったり…

プチトラブル頻出w

何とか無事に引き取りが完了して、いざ市内へ

2014-06-09 16.44.00

夕方の渋滞にまんまと引っかかり、市内に出るのに一苦労

2014-06-09 17.33.48

とは言え、日が長いのがアメリカ
ホテルの付近に着いた頃は夕方だったにも関わらず、この明るさ

赤レンガ調のすごく雰囲気のいい街並みが続きます

犬を連れだっている人が多くて、大の犬好きとしてはとても癒されました

2014-06-09 17.48.47

お世話になったホステルは古い建物の一角
急な階段(エレベーターなし!)をガシガシと登っていきます

盛大に雨漏りしたりしてましたが、綺麗で快適でした!!

レセプションのお兄さんもやたらフレンドリーだったしねw

2014-06-09 18.55.07

早速街に繰り出して、やっとアメリカに来たんだなぁ、と実感

2014-06-09 18.56.57

この旅最初の訪問先はホステルから歩いてすぐのこちらに

Piece Brewery and Pizzeria

記憶にも新しいワールドビアカップ2014にて、アメリカンスタイルペールエール金賞を受賞しています!
高まる期待♪
ピッツェリアとしても有名で、夕飯を食べにやってきました!

ひとまず全種をフライトで!

2014-06-09 19.13.13

評価が高いと聞いていたのですが、正直どれもイマイチ…(おっとw)

 

でも、気を取り直して、ここの売りはビールだけではありません!

2014-06-09 19.33.52
じゃじゃーん!

ニューヘイブンスタイルピッツァ\(^o^)/

ニューヘイブンスタイルピッツァ?
アメリカ・コネチカット州のニューヘイブンで始まったピザスタイルで、
表面はカリッと、中はモチッと食べ応えのある生地に、シンプルな具の組み合わせ

今回は各々好きな具材を載せたので、だいぶにぎやかなピザになりました

 

大きさが伝わりにくいと思うので、この方に比較対象に入っていただきましょう

2014-06-09 19.34.21
ガ―!!

伝わりましたかね??

平日だというのにお店はぎゅうぎゅう

2014-06-09 20.10.19

この日はサッカーと野球3試合を各画面で流していました

前回アメリカに来た時も思いましたが、多試合放送が多いのですねw
さすがです

2014-06-09 20.18.43

タンクはお店の隣にありました

タンクの奥にはショップもあって、グッズが買えるようになっています
ブルーハウスは店の奥にあるそうで、長いホースで移送しているみたいです

この日は遅かったので、ブルワーさんにお会いすることは叶わなかったのですが、外から少しだけブルワリーを眺めることが出来ました!

 

月がきれいな夕暮れ時

電車で移動します

2014-06-09 20.33.18

2014-06-09 20.34.03

シカゴLと呼ばれる、高架電車(時には地下鉄)

1892年の開業以来使われている高架を、ガタゴトいいながら街中を走っています
中には24時間走っているラインもあり、乗りこなせればかなり便利!!

 

そしてそのLに乗って到着したはこちら!!

2014-06-09 20.53.52 

REVOLUTION Brewinng

2014-06-09 20.57.04

平日なのに凄い賑わい!

友人の友人の彼女さんが、このお店のフロアマネージャー!!ということで、アポを取って訪問
この混雑の中、とても良い位置にお席が用意されていました!!

ありがとうございます!!

2014-06-09 20.57.49

ここでもまずは、全種フライトから!

2014-06-09 21.08.42

 

あんなに食べたのに、ちょいと小腹が空きましたので、テーブル担当のお姉さんにオススメを聞いたところ、出てきたのがこちら!

2014-06-09 21.17.442014-06-09 21.17.23

ポップコーンにベーコンとチーズがかかったもの、と
ソフトプレッツェルに特製のチーズソース!

両方ともおつまみには最高で、お腹いっぱいなはずなのについついつまんでしまいました

液種が多かったのでフライトは2回に分けて運ばれてきました

2014-06-09 21.25.20

全体的に飲みやすく受け入れやすいビールばかり!

内装もあちこちカッコ良くて、思わずウロウロ

2014-06-09 21.39.32

クージーとワッペンのお土産までいただいちゃいました!!

2014-06-09 21.44.13

一通りフライトを飲み終えた中で、気にいった一杯をチョイス!

Firestone Walkerとのコラボレーションビール「Dos Osos」!
樽生で頂ける幸せったらないですね!!

2014-06-09 22.08.32

カウンターがオーバル型で、サーバーは2か所に

タップハンドルがほぼ人と同寸の握りこぶし!
ペイントによってビールの種類が分かれているようで、それもまた面白い

2014-06-09 22.23.29

パブもビールもフードも接客も良くて、とても良い時間を過ごすことができました!!
本当にいいお店だったなぁ!!

2014-06-09 22.54.35

 

途中酒屋に寄り道、初日から買い込む一同(笑)

ふらりと立ち寄ったにも関わらず、ラインナップが素敵すぎましたー

2014-06-09 23.15.40

 

その後、歩いて向かったのはこちらのパブ!


The Map Room

2014-06-09 23.51.36

平日の深夜にも関わらず、賑わう店内

2014-06-09 23.54.23

TAP数が多くて迷ってしまいます…
いかつい感じのお兄さんたちですが、親身に飲むビールの相談にのってくれます

カウンターの横に、ステッカーがベタベタと貼ってある冷蔵庫を発見!!

2014-06-10 00.09.41

早速日本から来たことを告げ、ステッカーを渡すと…

貼ってくれました!!!!

2014-06-10 00.35.402014-06-10 06.57.28

この旅最初のマーキング♡
そうそうたるブルワリーステッカーと並んで、WHのステッカーが!!!!

彼の弟さんが日本で生活しているらしく、「いつかお店に行くよ!」と言ってくださいました

2014-06-10 00.36.10
また会えるといいな♪
ありがとうございました!!

 

こうして1日目は終了

最初から濃いぃ夜となったのでした

 

明けて2日目

この日は長距離ドライブの予定だった為、しっかり朝ごはんを取ることに

2014-06-10 07.17.072014-06-10 07.30.36

シカゴの街は本当に犬を連れている人が多くて、やはり見ているだけで癒されます

2014-06-10 07.35.28

朝の早い時間にお邪魔したにもかかわらず、常連さんがわんさか
「お待たせしてごめんね!」とパイをいただきました

逆に忙しい時間に、大勢で押しかけてすみません!

 

コーヒーを飲みながら待つことしばし、、、
朝からがっつりとブリトーをいただきました!!
なんとフレッシュフルーツ付!

2014-06-10 07.45.572014-06-10 07.47.25

美味しかったなぁ♪
お腹もしっかりと満たし、
さて、ここからはロングドライブの始まり!!

 

2014-06-10 09.58.18

車をかっとばすこと3時間

イリノイ州から、ウィスコンシン州に!

2014-06-10 10.45.40

さらにドライブは続きます

2014-06-10 11.13.14

ウィスコンシンに入ってから、さらに1時間

この旅一番の目的と言っても過言ではない、こちらに到着!!!!

2014-06-10 11.40.56

New Glarus Brewing

早速、はしゃぐ一同(笑)

2014-06-10 11.41.44

このニューグラルスという土地は、スイスの移民が開拓した土地で、本当に小さなヨーロッパの街を思わせます
チーズなどの産業が盛んな中、ビールの醸造も始まり、このニューグラルスブルワリーが出来たわけです

2014-06-10 11.47.31

ウィスコンシン州以外にはビールを出さないという、極めて珍しい醸造所
そのため、、簡単に行けない立地からも、知る人ぞ知るビールとなっています

そんなに門外不出ならば、とても小さく造っているのだろうと思ったらば!

アメリカの中でもトップクラスの醸造量を誇ります
何でなんでしょうか…我々のように買い求めに来る人が後を絶たないのも事実だと思いますが…

その為、工場もこんなに大きい!!

2014-06-10 11.50.472014-06-10 11.51.58

工場はガラス張りになっており、自由に見学することが出来ます

もちろん、ビールを片手に楽しむことも可能です!

2014-06-10 11.53.33

試作用の30Lパイロットブルワリーがあったり、

2014-06-10 11.53.39

張り巡らされたラインを洗浄中だったり、

2014-06-10 11.56.39

ボトル詰めのラインがこれまた巨大だったり!

2014-06-10 11.59.31

何もかも、思ってたよりも壮大で、びっくり!!

2014-06-10 12.02.53

 

そして、お待ちかねの試飲タイム♪

2014-06-10 12.13.582014-06-10 12.14.13

好きなビールを3種類選べるテイスターセットを頼むことにしました
なんと、お土産グラス付で約400円!安い!!

一気にテンションが上がる一同…いい顔してますw

2014-06-10 12.20.342014-06-10 17.29.25

2014-06-10 12.26.28

ここに来た最大の目的でもある、フルーツビール
「ベルジャンレッド」はパイントで!

もちろんこれもグラス付、そして約600円と超破格…幸せすぎます…

2014-06-10 12.41.23

ビールは基本的にどこへ持ち歩いてもOKなので、こうして外でのんびり楽しむこともできます

2014-06-10 12.47.55

一通り試飲を終えて、グッズショップでの買い物をそこそこに、目指すは工場階下のボトルショップ!!

2014-06-10 12.59.45

これが正に、宝物庫!!

2014-06-10 13.06.58

ひんやりとした庫内に、門外不出のビールがずらり!!

2014-06-10 13.11.46

思わず大人買い!!

2014-06-10 13.17.11

 

※この荷物のおかげで、最終日に大変な目に合うのですが、この時は知る由もなく浮かれているのでした……

 

天国から旅立ち、次なる目的地へ

ニューグラルスから、更に車で2時間で到着したのはこちら!!

2014-06-10 15.49.12

LAKEFRONT Brewery

2014-06-10 15.49.31

まっすぐシカゴに帰る予定を覆し、こちらに伺ったのには理由がありました

以前、WHでもLAKEFRONTのイベントを開催したのですが、その際ナビゲーターをしてくれたのが、Andy
そう、彼に会いにやってきたのであります!!

2014-06-10 15.55.46

お久しぶり!Andy!

2014-06-10 15.56.46

日本でもインポートされていることもあり、おなじみのレイクフロント

2014-06-10 15.57.12

明るく開放的なビアホール!

2014-06-10 15.57.20

16時に始まるブルワリーツアーに、ギリギリ滑り込みで参加することになりました

案内役はもちろん、Andy!!

このブルワリーツアーは誰でも案内役になれるわけではないそうで、Andyはこの数週間前に大抜擢され、案内役を始めたばかりなんだとか

2014-06-10 16.02.27

この案内がまた凄い!

始まった途端に、Andyが豹変w
アトラクションのキャストさながら、ブルワリーの歴史やビールについて面白おかしく解説していきます
(今更ながら、動画を撮っておけば良かった、と後悔しているほどexcitingでした!)

2014-06-10 16.21.18

この日同行者にお誕生日の人がいたので、何やら怪しいおまじないをかけられている様子w

お誕生日おめでとう!さかもっちゃん!

2014-06-10 16.36.21

 

2014-06-10 16.53.512014-06-10 16.56.54

表立ってのブルワリーツアーを終え、ひと段落していると、

「これからプライベートツアーに案内しよう!!」

と、通常一般の人は立ち入り禁止のブルワリー内を案内してもらえることに!

 

年季の入った釜はドイツ製で、創業当時から使っているそうで、大昔は薪をくべていたのだとか!!
(今はさすがに電気です)

2014-06-10 17.29.28

ウィスコンシン州は酪農がとても盛んな地域
地産のモルトを使うことも多いそう

2014-06-10 17.32.19

2014-06-10 17.32.29

バレルエイジングももちろんしています

2014-06-10 17.32.53

そして、ここでもマーキングさせていただきました♡

2014-06-10 17.35.502014-06-10 17.35.59

 

2014-06-10 17.42.42

Andy、最高の時間をありがとう!!

2014-06-10 16.59.14

 

その後時間がないにも関わらず、懲りない一行は酒屋へ

Andyおすすめの酒屋さん「Discount Liquor」

2014-06-10 18.27.59

ここの品揃えも凄かったなぁ…

 

LAKEFRONTからの帰り道、運転は私

アメリカでの初めての運転だったのですが、びっくりするぐらいの大雨
さながら視界も最悪で、船を運転しているようなジャバジャバな道をヒヤヒヤしながら運転して帰って参りました
アメリカで初の運転が最悪の条件すぎたので、ドキドキする暇もなく慣れるに至ったのでした(笑)

 

シカゴ市内に帰ってきたので、一行は旅の目的の一つでもある「シカゴピザ」を食べに繰り出しました

2014-06-10 22.44.42

PEQUOD’S PIZZA

もちろんクラフトビールも置いています!!
ラグニタスとハーフエイカーはその時々で液種が変わるようです

2014-06-10 22.54.03

こちらでもピザは、大きさと形状、好きなトッピングを選びます
もちろん、パンピザをチョイスし、大きさはミディアム、トッピングは各自の好きなものをのせることに!

2014-06-10 22.54.15

ピザが来る間、店内を見回すと、どうやらNHL・BLACKHAWKSのオフィシャルバーとのこと
至る所にスティックやユニホームなどのグッズが飾られていました!

2014-06-10 23.06.07

お待ちかねの、PIZZA登場!!
ドドーン!!

フライパンごと運ばれてきて、その場で切り分けてくれます
2014-06-10 23.42.49
写真じゃ大きさが伝わりませんが、これでもMidiumサイズで、大迫力……

断面図はこんな感じ
ディープディッシュというよりも、文字通り「パンピザ」でした

2014-06-10 23.43.36

 

お腹いっぱいの一行は、帰り道にあるこちらのパブにふらり

2014-06-11 00.26.15

Local Option

2014-06-11 00.28.22

とあるBeer Geekに激しくお勧めしていただいていたので、来るのが楽しみでした♪
ブルーパブなのに、パブとしてもカッコイイ!!
そしてビールも最高!!

2014-06-11 00.35.15

メタルの流れる店内、とにかくあちこちカッコイイ!!!!

2014-06-11 00.37.09

スタッフのお兄さんに好みを伝えてお勧めを聞いたらこちらが出てきました!
「Morning Wood Oak Aged Coffee Amber Ale」

そういえば、うちのスタッフのCAZZがべた褒めしていたこのビール
名前こそ……ですがw、コーヒーフレーバーが優しいアンバーエール
これはいいですねー

2014-06-11 00.39.52

すごく心地が良くて、ラインナップも素敵で、今度来ることがあればまた来たいなぁ…

電車の時間が迫り、仕方なくバーを後にしました

 

Lが雨のせいで、バチバチと火花を散らしながら走っているのがとっても印象的でした(笑)
大丈夫なのかな、あれ(笑)

2014-06-11 01.19.35

また降り出した雨に、傘も差さず、帰路に
ずぶ濡れで帰舎いたしました

こうして2日目は終ったのでした

1日目の少しと2日目を振り返っただけでもこんなに濃いなんて……
書き進めていくのが本当に不安です(笑)

少し長くなりそうですが、暇つぶしにご覧いただければ幸いです

3日目に続く……

___________________________

★twitter→Follow us!!
★facebook→Click! [Like]

nontan

細々と別Blogを始めさせていただきました
TRANSPORTER BEER MAGAZINE BLOG [NONTAN]


犬とビールと。


今日は「Study tour in Denver」のスピンオフ第一弾

私のんたんがアメリカに行って感じたことや学んだことを書いていこうかと思います
題材はたくさんあるので何回かに分けてお送りしようかと思っております

※まだ本編をご覧でない方はこちらから先にどうぞ!→研修旅行記    

さて、今回は
ビールに関係あるようでないようで少し関係あるお話です(笑)

無類の動物好きとしておなじみ(?)の私
飼い猫愛は強いものの、やはり犬は一番大好きな動物

渡米前から色々と勉強を進めるうちにとあることに気が付きました

アメリカのブルワリーは犬好きが多いのではないかと!
こんな醸造所こんな醸造所こんな醸造所もあります

とにかく数えきれないぐらい犬モチーフの醸造所やビールがあります

そういえばお店のあちこちにも犬をモチーフにしたグッズが…!

まだまだあるので、来店の際には探してみてくださいね♪

今、世間では猫のビールが話題を呼んでいますが、、、

実際にそんな犬モチーフのビールを飲んでみたい!という方には、
当店では現在
「Fifty Fifty BART(瓶)」(写真左)がビアドッグとしてお飲みいただけます!!

(11.12.2012現在)
バウワウ!!

本当に愛犬をモチーフにビールを造ってしまうブルワーさんが多いのですよね
アイコンにしやすいというのもありますが

コロラド州には「The Brew Dogs of Colorado」というプロジェクトがあって、GABFにもブースが出ていました!

そして、帰国後ひっそりとお店に置いてある本があります

じゃーん!

これ、The Brew Dogs of Coloradoが発行している、コロラド州のブルワリーで飼われているワンちゃんたちの写真集なんです!
きゃー!!

名前はもちろん、どこの醸造所にいるのか、好きな食べ物、好きなおもちゃ、好きな遊び…などが載っています!!

見ているだけで、時間がどんどん過ぎてゆきます(←私だけ?)

ご覧になりたい方はスタッフに声かけてくださいね!

日本では猫に焦点が当たっていますが、アメリカでは圧倒的に犬!
これも住宅事情や土地の広さにも関係するのでしょうか

こんなことで土地柄の違いを感じたのでした

というわけで、
勢いで書いたものの、今回は完全なる雑談……
すみません(笑)

たまにはこんなアプローチでビールを飲んでみるのも楽しいと思います♪
ぜひぜひ愛犬家の皆様、ビール飲みながら愛犬自慢しに来てくださいね!!

日本でもどこかのブルワリーさんが「ビアドッグ」造ってくれないかしら……

Cheers!乾杯!Prost!

★twitter→Follow us!!
★facebook→Click! [Like]

nontan

Study tour in Denver⑤ 10.14&15.2012

滞在5日目
いよいよアメリカとお別れの日

出発は慌ただしく、早朝に
朝の早い便の飛行機だったため、いそいそとバスに乗り込みました

暗い街
車窓の先はネオンも少なく真っ暗で景色もないので、何だか帰る実感もなく揺られること数十分

荷物を降ろしてみればこの量!!

空港について、早速荷物を預けることに
何より心配なのは重量オーバー(ドキドキ)

……計測中……

すんなり通過する者は少なく、オーバー続出(笑)
荷物をみんなうまく振り分けたり手荷物にしたり……
何とか収まり、一安心

と、思っていたら、
我々と行動を共にしていた方の荷物が大幅にオーバー!!
一人は手荷物を大きなビニール袋にひとまとめにされ、
一人は泣く泣く650mlの大瓶ビール3本を置いていくことに

旅行あるある、ですね

ビールをそのまま捨てるのはとんでもなくもったいない!
ということで、朝の6時から空港のロビーで皆で頂戴しました

朝から8%超えのハイアルコールビール………
ありがとうございます!!?

その後の手荷物検査場で、
職員の方に「ビアフェス行ったの??」「いいなー」「俺もビール大好きだよー」と言われました
こんな風に思わず話しかけられてしまうほど、ビール好きにとってはGABFは興奮のお祭りなのだな、と実感しました(笑)

無事に通過後、
「空港内にニューベルジャンのカフェがある」とのことで行くことに

空港の窓からちょうど朝日が昇ってくる様子が見えました
本当に美しかったです

空港の本当に端っこに「New Belgium HUB」!!

しかしながら、時間がなかったので場所を確認しただけという寂しい顛末に

くやしがるカズ君(笑)

その後、慌ただしく飛行機に乗り込みデンバーを後にしました
窓からの景色が壮大で、どうやったらあんな地形ができるんだろう!!と一人でワクワクしていました(笑)

そして乗り換えの地、シアトルに到着!

乗り換えまで時間があるということで、ビールの飲めるというAlaska Lodge

アメリカで最後のビール
そうです、最後の最後までビールです!!

(あ!店内のモニターでNFLの試合がやってる!!しかも別の試合を同時中継してるじゃん!)
と、試合に釘付けな私(笑)

ビア飲みながら朝ごはん!!スモークサーモン!!

そして、シアトルといえばコーヒーよね♪
ってことで、スターバックスに駆け込みw

 

これで本当に出国
さよならアメリカ、またいつか!
次はいつかな(笑)

 

(フライト中、皆元気に過ぎしてしまった故、のちにジェットラグで苦しむスタッフが続出するのでした)

無事日本に到着
夕焼けに出迎えられながら、レンタカーでお店へ

大荷物から解放のち、解散!!

大きな事件事故もなく、
無事に家路にと向かうのでした…

——

間を開けながら5日に渡ってお送りしてきました旅Blog
最後までお読みいただきありがとうございます

すでに直接感想を頂いたりなど、反応があり大変恐縮です

実はここには書ききれない小話もたくさん!
また、私目線で書いているため、他のスタッフ目線では別の事件が起こっていたかもしれません
(私の知らないところで、あの彼が別のハプニングを起こしているかも?!)

ぜひ、他のスタッフにも話を聞いてみてくださいね♪
アルバムも作成中です!!

書ききれない小話などはスピンオフで書き記していこうと思っております
ペアリングの話とかバレルエイジドの話とか、ビアドッグの話とかとか……

アメリカ研修で一皮むけたWH!!
今後もどうぞよろしくお願いいたします!!

Cheers!乾杯!Prost!

★twitter→Follow us!!
★facebook→Click! [Like]

nontan